平成28年度「情報化促進貢献個人等表彰」(文部科学大臣賞)に、安達文夫 歴博名誉教授が決定しました。

2016年9月27日

本機構の安達 文夫 国立歴史民俗博物館名誉教授が、平成28年度「情報化促進貢献個人等表彰」文部科学大臣賞受賞者に決定しましたので、お知らせします。

 

[情報化促進貢献個人等表彰の概要]

 情報化促進貢献個人等表彰は,教育・科学技術・文化・スポーツの分野における情報化の促進に関し,教育の情報化,又は情報分野の研究開発等において,顕著な貢献のあった個人又は団体等について,文部科学大臣が表彰することにより,更なる情報化の促進を図るとともに,情報化に対する国民の認識と理解の醸成に寄与することを目的として実施しており,情報化月間の実施に併せて例年表彰が行われています。

 

※ 情報化月間:

 文部科学省の他,総務省,経済産業省,国土交通省,内閣府及び財務省と連携し,我が国の情報化を促進し,豊かな国民生活を実現することを目的に,昭和47年から毎年10月を「情報化月間」とし,情報化促進のための行事が実施されています。

 

 詳しくは、文部科学省ウェブサイトをご確認ください。

  http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/09/1377454.htm