うたのちから―和歌の時代史

平成17年10月18日~11月27日 展示詳細

うたのちから―古今集・新古今集の世界

平成17年10月28日~11月18日展示詳細

主催:国立民族学博物館

国文学研究資料館

 平成17年(2005)は、最初の勅撰和歌集である『古今和歌集』が編纂された延喜5年(905)から1100年、第8番目の勅撰和歌集『新古今和歌集』が編纂された元久2年(1205)から、800年の年に当たります。
 「うた」は、『古今和歌集』を規範としながら、貴族から武士、民衆へとさまざまな階層に広がり、宗教・政治などのさまざまな文脈と結びついて享受されてきました。文学のみならず、美術・工芸品、衣装などへ多様な影響を与え続けてきた「うた」の「ちから」に迫りました。