【企画展示】 縄文はいつから!? ―1万5千年前になにがおこったのか

近年の東アジアにおける考古学的新発見と年代測定などの研究の進展によって、縄文文化の位置づけは大きく変わってきています。炭素14年代測定による研究から、日本列島で最古の土器が約1万6000~1万5000年前まで遡り、世界最古の土器の一つであることが分かってきました。この展示では、土器が誕生したころの自然環境や東アジアでの文化の動きを探り、日本列島での土器の出現を探ります。また、石器の変化や竪穴住居の出現、土偶・石偶などの精神文化の様子を探り、縄文文化の成立からその後の縄文文化の発展の道筋を探りたいと思います。

 

【開催期間】 2009年10月14日(水)~2010年1月24日(日)

【会 場】 国立歴史民俗博物館 企画展示室A

【料 金】 一般 830(560)円

高校生・大学生 450(250)円

小・中学生 無料

(  )内は20名以上の団体

※総合展示もあわせてご覧になれます。

※毎週土曜日は高校生は入館無料です。

【開館時間】 9時30分~16時30分(入館は16時00分まで)

【休館日】 10月19日(月)・26日(月)

11月2日(月)・9日(月)・16日(月)・24日(火)・30日(月)

12月7日(月)・14日(月)・21日(月)・27日(日)~2010年1月4日(月)

1月12日(火)・18日(月)

【主 催】 国立歴史民俗博物館

 

 れきはくのページ