【歴博フォーラム】 「アジアの境界を越えて」 ★連携展示・歴博企画展示関連

境界を越えること、それは未知の世界との出会いです。人類の歴史は、こうした境界を越える営みの積み重ねであるといえるでしょう。中国大陸を中心とした東アジアでは、歴史の流れの中にいくつもの「境界」を見出すことができます。境界とは、一様なものではなく、時代や視点・立場によって姿や形を変えます。さまざまな「境界」を眺めることは、「グローバル」な現代を理解し、その明日を考える上で有効であると思います。

境界をどのように見出すことができるのか。

境界を越えるとき何が生じるのか。

この二つの視点から、アジアの古代と近現代にみえる境界を眺めてみたいと思います。

また、このフォーラムでは、企画展示「アジアの境界を越えて」をご紹介するとともに、そのエッセンスをお伝えする予定です。

 

【日 程】  2010年7月24日(土)

【時 間】  13時00分~17時00分

【場 所】  新宿明治安田生命ホール

【定 員】  320名(要事前申し込み)

【参加費】 無料

【主 催】  国立歴史民俗博物館

チラシを見る 

 

詳細情報(れきはくのページ)