【特集展示】 「たつ年の龍」(『もの』からみる近世)

【会 期】 2011年12月20日(火)~2012年1月29日(日)

【会 場】 国立歴史民俗博物館 第3展示室

 

【趣 旨】

2012年は「辰年」ですが、館蔵資料の中から龍に関わる絵や文様を有する工芸品、版本、版画などを展示いたします。

今日、「たつ」は一般には「龍」として認識されていますが、図像としては複数の種類が存在します。染織や装身具、あるいは楽器といった工芸品の意匠として用いられる龍の多彩な表現とその意味や機能など、近世文化の中に占める龍の意匠の役割の一端についてご紹介いたします。

 

  詳細情報(歴博のサイト)