【連携展示】 企画展「記憶をつなぐ―津波災害と文化遺産」 (開催:H24.9.27〜11.27)

【会 期】 2012年9月27日(木)~11月27日(火)

【場 所】 国立民族学博物館 本館企画展示場A

チラシを見る (PDF形式:3.99MB)

 

【展示趣旨】

2011年3月11日に発生した東日本大震災による甚大な被害は、我々の社会に大きな試練をもたらしました。原発の被害はもとより、地震・津波の傷は深く、「大震災」は現在進行中の出来事です。

地域コミュニティそのものの存続があやぶまれるなかで、被災地では例年以上に祭りや芸能の奉納が活発に行われました。それは、人間の「生」にとっての、有形・無形の文化遺産の価値を改めて認識させられる出来事でした。

こうした文化遺産の復興の背後には、さまざまな形の復興支援がありました。私たち国立民族学博物館も、同じ人間文化研究機構に属する国立歴史民俗博物館、 国文学研究資料館などと連携し、復興の支援に関わってきました。

この企画展では、文化遺産の復興の作業に目を向け、私たちにとっての文化遺産の意義を改めて見直すとともに、その文化遺産を通じて、この震災・津波の記憶をいかに未来に継承し、次代の社会を築き上げていくのかを考える契機となればと願っています。

 

 

 詳細情報(みんぱくのサイト)

 人間文化研究機構の連携展示