【特集展示】 (第3展示室) 「元禄の堺大絵図―巨大都市図を歩く―」

【開催期間】 2012年12月18日(火)~2013年1月27日(日)

【会   場】 国立歴史民俗博物館 第3展示室 

 

【特集展示・趣旨】

大阪府堺市堺区の堺は、戦国時代から江戸時代の初めにかけて、対外貿易の拠点として繁栄していました。町は、豪商などからなる会合衆によって自治的に運営され、周囲には防御の役割も果たす環濠がめぐらされていました。1615(慶長20)年の大坂夏の陣では町は焦土と化しますが、江戸幕府の構想の下で環濠と町割りは作りなおされて、堺の町は生まれ変わります。

この新しい堺の町を詳細に描いているのが、本館に所蔵される1689(元禄2)年の『堺大絵図』です。しかも、この絵図には、その後の町の変化も張り紙や付箋によって幾重にも記録されています。このたび、本館の共同研究「元禄『堺大絵図』に示された堺の都市構造に関する総合的研究」では、これらの張り紙や付箋をはがして、およそ300年以上前の姿をよみがえらせました。

この特集展示「元禄の堺大絵図―巨大都市図を歩く―」では、共同研究の成果の一部として、中世の堺と近世の堺を比較しながら、元禄2年の『堺大絵図』を読み解きます。

 

 詳細情報(歴博のサイト)