【特集展示】第4展示室特集展示 「さまざまな節供」

 

【会 期】 2013年11月26日(火)~5月6日(火・振)

【会 場】 国立歴史民俗博物館 第4展示室

 

【趣 旨】

現在では、節供というと三月の上巳の節供と五月の端午の節供がよく知られており、三月は女の子の、五月は男の子のお祝いとして、基本的には子どもを中心とした行事となっています。

しかし節供は、正月七日の人日、三月三日の上巳、五月五日の端午、七月七日の七夕、九月九日の重陽の五節供などは古くから年中行事として位置づけられ、重要な節目でした。このほかにも八月一日の八朔などもあり、必ずしも子どもだけの行事ではありません。子どもとの関わりを見ても、節供のあり方は多様です。女の子の場合、雛飾りがありますが、衣装を着けた人形だけでなく土雛や掛軸などもよく使われました。また男の子はさらに多彩で、正月や三月に天神様を飾ったり、八朔の祝いを行ったりと、五月以外も多く見られます。

一方で、こうした地域性は、デパートや人形店などによる消費経済の変化やマニュアル本の刊行など情報の流通によって、しだいに均質化する側面もあります。今回の展示では、こうした地域的な多様性と均質化に留意しつつ、子どもに関わる節供の民俗に迫ります。

 

 詳細情報(歴博のサイト)