【特集展示】第3展示室特集展示 「紀州徳川家伝来の楽器―笛―」

【会 期】 2014年10月7日(火)~11月16日(日)

【会 場】 国立歴史民俗博物館 第3展示室

 

【趣 旨】

本館が所蔵する紀州徳川家伝来楽器コレクション(161件・233点)は、主として紀州藩の第十代藩主徳川治宝(はるとみ)(1771~1852)によって収集されたものだと伝えられています。雅楽器を中心に、吹きもの(管楽器)・弾きもの(弦楽器)・打ちもの(打楽器)などの各種の楽器や、楽譜、調律具、収納袋や箱などの附属品、さらに楽器にまつわる情報を記した附属文書から構成されており、楽器史や音楽史上きわめて重要な資料とみなされてきました。

今回の特集展示では、本コレクションの中から、各種の笛と笛に関する楽譜をとりあげ、附属品や附属文書とともに展示します。コレクション中の吹きものは、笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・龍笛(りゅうてき)・高麗笛(こまぶえ)・神楽笛(かぐらぶえ)・能管(のうかん)・一節切(ひとよぎり)・洞簫(どうしょう)・明笛(みんてき)など78管におよびますが、この中には、古管として大切に扱われ多くの付属品を有するもの、笛の演奏をなりわいとする楽家に代々伝来し実際に演奏に用いられた痕跡をもつものや、通常普及した笛とは異なる珍しい形態をしたもの、明清楽(みんしんがく)の流行を受けて収集されたと推測される中国の笛など、貴重な例が含まれています。

これらの資料を公開することで、一般には馴染みのない古楽器への理解をうながすとともに、高度な工芸技術や江戸後期の大名家を中心とした文化の一端を紹介します。

なお、これらの資料は最大級の日本古楽器コレクションとして広く知られており、これまでに特別企画「紀州徳川家伝来の楽器」(平成17年度)や企画展示「楽器は語る―紀州藩主徳川治宝と君子の楽―」(平成24年度)などで、その豊富な資料を公開してきました。「笙」(平成20年度)「琵琶」(平成22年度)に続くこの特集展示においては、企画展示等に出品される機会の少ない資料についても、展示・公開をすすめ、その全貌を紹介することを目的としています。

 

 詳細情報(歴博のサイト)