【研究公演】 「ネパールのネワール仏教舞踊チャルヤー」

ネパールのカトマンドゥ盆地に暮らしてきたネワール人。その仏教僧侶カーストであるヴァジュラチャルヤは、修行のひとつとしてチャルヤーという舞踊を伝えてきました。動くヨーガともいわれるチャルヤーは、自己と宇宙(コスモス)を体感し、仏に近づく手段ですが、見る者にはまるで動く仏像のようです。解説をまじえてチャルヤーの奥義を紹介します。  

 

【日 時】 2015年4月19日(日) 13:30~16:00 (開場12:30)

【場 所】 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)

要事前申込/定員100名[先着順]

チラシを見る  (PDF形式:1.85 MB)