【くらしの植物苑 特別企画】 伝統の朝顔

【開催期間】 2015年7月28日(火)~9月13日(日)

【会 場】 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑 

 

【趣 旨】

朝顔は古くから多くの人々に親しまれてきました。特に江戸時代以降になると、文化・文政・天保期嘉永・安政期、明治・大正期など、繰り返し朝顔ブームが訪れ、そのたびに葉と花の多様な変化や組み合わせを楽しむ変化朝顔がつくり出されてきました。これは今日の遺伝学でいう突然変異を見つけ出し、系統として確立するという、世界的に見ても特異なもので、特に幕末頃にはきわめて多くの品種がつくり出されていたようです。しかし、それらの中には、残念ながら華やかな大輪朝顔の人気に圧倒されて、あまり知られることなく絶えてしまったものもあります。ただ、広くは栽培されなかったものの、一部の愛好家の努力によって大切に保存され、現在に伝えられたものも少なくありません。

 

そこで、江戸時代以降の独創的な知識と技術を駆使してつくり上げられた伝統の朝顔を広く知っていただき、人と植物との関わりを見るべく、当館では1999年以降、歴史資料としてこれらの朝顔を展示してきました。

 

今回は、「朝顔の系統保存の歴史」をテーマとして、変化朝顔ブームの去った明治初期に小さな愛好会ができて、大輪から乱菊、出物へと人気が移っていった様子と、戦後に国立遺伝学研究所が各地の愛好会から様々な品種を収集した経緯、さらには同所が変化朝顔を栽培しなくなってから1990年代に九州大学で復活させて現在に至った状況をパネルで解説するとともに、九州大学から新たに寄贈を受けた変化朝顔を紹介します。

 

 

 詳細情報(歴博サイト)