【台湾映画鑑賞会】 映画から台湾を知る「一八九五」

近年、台湾では、多文化主義運動の影響を受け、客家(ハッカ)や原住民を意識した映画が増加しています。本映画は、初めて客家語を主体として、日本が台湾を植民地とした1895年の、台湾住民が日本軍に抵抗した当時の状況を描き出したものです。抗日戦線のなかでの客家を中心に、ビン南人(ビンは門構えの中に虫)、原住民との関係をも描き、映画を通して台湾の「多民族的状況」を見ることができます。また、当時日本軍とともに軍医として台湾に滞在していた若き日の文豪・森鴎外の視点で、状況が語られていくのも注目するところです。本邦初公開となる台湾映画「一八九五」を解説付きでご覧いただき、台湾への理解を深めていただきたいと思います。

  

【日 時】 2015年9月23日(水・祝) 13:30~16:30(開場 13:00)

【場 所】 国立民族学博物館 講堂

【定 員】450名

     入場整理券を11:00から講堂入口にて配布します。

     事前申込は不要です。

【司 会】 野林厚志(国立民族学博物館教授)

【解 説】 河合洋尚(国立民族学博物館助教)

 

チラシを見る  (PDF形式:2.92MB)

 

 詳細情報(みんぱくサイト)