【特集展示】第3展示室特集展示 「泥絵と江戸の名所」

【会 期】 2015年10月20日(火)~11月23日(月・祝)

【会 場】 国立歴史民俗博物館 第3展示室 副室

 

【趣 旨】

 幕末に来日したF・ベアトが愛宕山から写した江戸のパノラマ写真を見ると、整然と建ち並ぶ大名屋敷が市街地の多くを占め、現在のごみごみとした東京とはだいぶ印象が違うことに気づかされます。江戸の町の約7割は江戸城や、大名・旗本らの屋敷が建つ武家地で占められていました。地方から江戸に出て来た人たちは、隅田川べりの行楽地や両国や浅草といった盛り場の他に、武家の都の名所として壮麗な表門や長大な表長屋でかたちづくられる大名屋敷もまた見物してまわっています。

 そうした大名屋敷は、広重の描く浮世絵の名所絵にもしばしば描き出されていますが、浮世絵ほどには知られていない江戸の民衆絵画である泥絵には、格好の画題となっていました。

 当館には全50枚からなる「江戸名所及び諸国名所泥絵集」の他、作者が不明なものが多い泥絵としては珍しく「司馬口雲坡」の署名を持つ「江戸城堀端図」などを所蔵しています。今回の特集展示では、館蔵の泥絵の中から大名屋敷など江戸の名所を描いたものを選び、それに関連する歌川広重の名所絵などを比較展示し、武家の都特有の名所のありようをご覧に入れたいと思います。

 

 詳細情報(歴博のサイト)