【くらしの植物苑 特別企画】 伝統の古典菊

【開催期間】 2015年11月3日(火・祝)~11月29日(日)

【会 場】 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑 

 

【趣 旨】

 菊は、日本を代表する園芸植物のひとつで、日本在来の植物ではありませんが、平安時代の宮廷ですでに菊花の宴が流行していたことから、律令期に他の文物とともに中国からもたらされたと考えられています。

 平安・鎌倉時代からは日本独自の美意識により、支配者層の間で独特の花が作り出されました。筆先のような花弁をもつ「嵯峨菊」は京都の大覚寺で門外不出とされ、花弁の垂れ下がった「伊勢菊」は伊勢の国司や伊勢神宮との関わりで栽培されました。そして、菊は支配者層の中で宴に、美術工芸品に、不老不死のシンボルとして特権的な地位を築いていったのです。

 それが、近世中頃以降になると大衆化し、変化に富む園芸種の菊花壇や、菊細工の見世物が流行したと言われています。それらの流行を支えたのが、花弁のまばらな「肥後菊」と花弁が咲き始めてから変化していく「江戸菊」です。これらに花の中心が盛り上がって咲く「丁子菊」を加えた伝統的な中輪種は「古典菊」と呼ばれています。

 くらしの植物苑では、このような「古典菊」を2000年から展示してきました。今回は、「菊を広めた人々」をテーマとして、もともと武家の年中行事に用いられていた菊を、文化・文政期に巣鴨の植木屋が大衆向けに広めていったこと、そして栽培書が写本によって地域的に広がっていき、菊の育成方法が定型化していった様子をパネルにて解説します。

 

 

詳細情報(れきはくサイト)