【市民セミナー】 「市民と作る水質マップ」

 水は人間だけでなく全ての生き物に欠かせません。水がなければ、農業も漁業もなりたちません。水をはじめ自然環境にある物質は、様々な元素によってできています。

 地球研では、元素とその指紋と言われる安定同位体の特徴を明らかにすることで、水と人、生物、産業のつながりを追跡できる実験環境を整備してきました。水循環基本法が昨年制定され、地下水を地表水と一緒に管理する仕組みづくりが大変重要になっています。しかし地表の水と異なり、地下を流れる水の姿は目でとらえることができません。

 地球研では、市民の人たちと一緒になって、水に含まれている様々な元素と安定同位体の地図を日本各地で作成しており、これまで困難であった地表と地下の水のつながり、さらに生物や農水産物との関係も見えるようになってきました。このセミナーでは、こうした試みを紹介し、京都の水質マップ作りを考えてみたいと思います。

 

【講 師】 中野孝教(総合地球環境学研究所教授)

【聞き役】 大西有子(総合地球環境学研究所助教)

【日 時】 平成27年11月20日(金) 18:30~20:00(18:00 開場)

【会 場】 ハートピア京都 3階大会議室

ご来場の際には、公共交通機関をご利用下さいますようお願いいたします。

【聴 講】  無料(どなたでも聴講できます)

【定 員】 200名(申込先着順)

チラシを見る(PDF形式:1.58MB)

 

詳細情報(地球研のサイト)