【みんぱく映画会】 みんぱくワールドシネマ 上映作品:「サンドラの週末」

 研究領域 「包摂と自律の人間学」

 

 国立民族学博物館では<包摂と自律>のテーマにあわせて、研究者による解説付きの上映会「みんぱくワールドシネマ」を実施しています。7年目の今期は<マイノリティ・ボイス=少数派の声>をキーワードに映画上映を展開していきます。今回はベルギー・フランス・イタリア合作「サンドラの週末」です。ヨーロッパの小都市の小さな会社から突然の解雇を告げられた女性が、最後の猶予に賭けて奔走する週末を通して、様々な立場に立つ労働者と人間同士の信頼について考えていきたいと思います。

  

【日 時】 2016年3月20日(日・祝) 13:30~16:00(開場 13:00)

【場 所】 国立民族学博物館 講堂

 要展示観覧券(一般420円) 申込不要 定員450名

 ☆入場整理券を11:00から観覧券売場(本館2F)にて配布します。

【司 会】 松尾瑞穂(国立民族学博物館准教授)

【解 説】 宮下隆二(作家)

      鈴木紀(国立民族学博物館准教授)

 

チラシを見る (PDF形式:2.71MB)

 

詳細情報(みんぱくサイト)