日本研究国際賞

 人間文化研究機構では、日本研究の国際的発展と日本文化の理解を深め広めることをめざして、一般財団法人クラレ財団の協力を得て、「人間文化研究機構日本研究国際賞」(NIHU International Prize in Japanese Studies)を、2019年1月に新たに創設しました。この賞は、海外を拠点として、日本に関する文学、言語、歴史、民俗、民族、環境などの人間文化研究において学術上とくに優れた成果を上げ、日本研究の国際的発展に多大な貢献をした研究者を、受賞の対象としています。

第1回受賞者  ハルオ・シラネ(Haruo Shirane)氏
        コロンビア大学東アジア言語・文化学部教授、学部長

第2回受賞者  アンドルー・ゴードン(Andrew Gordon)氏
        ハーバード大学リー&ジュリエット基金歴史学部教授
        ハーバード大学ライシャワー日本研究所教授

 

第2回(2020年)日本研究国際賞の推薦募集

第2回(2020年)日本研究国際賞推薦要項
推薦書 様式1 様式2 様式3

 

1.対象分野

 日本に関する文学、言語、歴史、民俗、民族及び環境等の人間文化研究に関する分野

2.授賞  1名

 受賞者には、賞状、記念品及び賞金2万ドルを贈呈します。
 また、受賞者を日本での贈呈式(2020年12月を予定)に招待し、受賞者による記念講演会を開催します。
 併せて、受賞者及びその随行者1名には来日のための往復航空券を支給するとともに、2名の日本国内での
滞在費として50万円を支給します。

3.対象者

 受賞対象者は、海外を拠点とし、上記1.の対象分野において学術上特に優れた成果を上げ、日本研究の国際的
発展に多大な貢献をした研究者とします。
 ※ 海外に在住する研究者のほか、海外を拠点に活動実績を持つ研究者も含みます。
 ※ 国籍は問いません。

4.推薦権者

 次の各号に掲げる組織(大学については、各学部等)から、受賞候補者の推薦を1名に限り受け付けます。
ただし、推薦権者の自薦は受け付けません。
 1)人間文化研究に関連する国内の大学、大学共同利用機関及び学協会等
 2)機構及び機構の大学共同利用機関(国立歴史民俗博物館、国文学研究資料館、国立国語研究所、国際日本文
   化研究センター、総合地球環境学研究所及び国立民族学博物館の6機関)と協定を締結している海外の大学
           また、推薦権者は次のとおりとなります。

【国内の大学等】 ・・・ 関係の学部長、研究科長または研究所長、大学共同利用機関及び学協会等にあってはその長
【海外の大学等】 ・・・ 日本文化研究に関連する大学の長(または学部長、学科長等)、研究機関等の長

5. 応募方法

 推薦書(別紙様式)に必要事項を記入し、大学等の長の公印を押したもの(海外の大学等においてはサインも可)を、「11.推薦書類(紙媒体)の提出先まで郵送してください。

※ 推薦書の様式は、下記表のとおり【国内の大学等】と【海外の大学等】で異なりますので、ご注意ください。

区 分 推薦書様式
国内の大学等 様式1
海外の大学等 様式2(英語版)又は様式3(日本語版)

6.提出期限

 2020年6月12日(金)(消印有効)

7.選考及び選考結果の通知

 2020年9月頃、機構に設置する日本研究国際賞選考委員会において受賞候補者を選考し、受賞候補者を推薦した組織に選考結果を通知します。
 また、本人に受賞の諾否を確認した後、機構のウェブサイトにおいて選考結果を公開します。

8.授賞式及び記念講演会

 授賞式及び記念講演会は、2020年12月頃に行う予定です。

9.その他

 1)推薦書等の提出後、その記載事項を変更または追加することはできません。
 2)提出された推薦書等は返却しません。
 3)選考結果に対する問合せには応じかねます。
 4)受賞者の氏名、略歴及び授賞の対象となった研究業績等を公表しますので、あらかじめご承知おき願いま
   す。
 5)受賞者には、本機構が推進する日本研究に係る国際ネットワーク形成のため、今後協力を依頼することがあ
   ります。
 6)推薦書類に含まれる個人情報については、「人間文化研究機構保有個人情報保護規程」及び関係法令に基づ
   き厳重に管理し、本選考のためのみに利用します。また、選考後は、責任を持って破棄いたします。

10.推薦書類(紙媒体)の提出先

     推薦書類は、下記へ配達記録の残る方法での送付によって提出してください。併せて、配達会社のウェブサイ
    ト等で到着の確認を行ってください。
    新型コロナウイルスの各国の現況を考慮し、E-mailでの申請も受け付けています。
   〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-13ヒューリック神谷町ビル2階
    大学共同利用機関法人人間文化研究機構本部事務局総務課「日本研究国際賞」担当
         E-mail: soumu「@」nihu.jp
       ※「@」を@に変更して送信してください。

11.問い合わせ先

〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-13ヒューリック神谷町ビル2階
    大学共同利用機関法人人間文化研究機構
      本部事務局総務課「日本研究国際賞」担当
       TEL 03-6402-9212
       E-mail soumu「@」nihu.jp
         ※「@」を@に変更して送信してください。

  機構ウェブサイト
 https://www.nihu.jp/ja/international/international_prize

 

第1回(2019年)

 第1回受賞者 ハルオ・シラネ(Haruo Shirane)氏
 コロンビア大学東アジア言語・文化学部教授、学部長

 

 第1回の日本研究国際賞は、コロンビア大学東アジア言語・文化学部学部長のハルオ・シラネ教授が受賞しました。
 シラネ氏は、日本文学・日本文化の研究者として、『源氏物語』『奥の細道』をはじめとした日本古典研究や、「カノン論」「環境批評」といった新たな文学・文化研究方法論の提起において、傑出した成果を生み出してこられました。また、日本古典の英訳アンソロジーの編纂や古典文法の教科書の刊行、学会の主催や後進の育成を通して、日本研究の国際的な展開に多大な貢献を行ったことが高く評価され、今回の受賞となりました。
 授賞式は、令和元年12月17日に日本学士院で開催され、終了後にシラネ氏による記念講演「和歌・神・環境――日本文化の自然観」が行われました。


授賞式記念写真

賞状を授与する平川機構長

記念講演を行うシラネ氏


記念講演風景

授賞式および記念講演のチラシ
ハルオ・シラネ先生の挨拶
詳細情報