2016年1月22日 モンゴル科学アカデミーとの学術交流・協力に関する基本協定書を締結

2016年1月22日

モンゴル科学アカデミーとの学術交流・協力に関する基本協定書を締結

当機構とモンゴル科学アカデミーは、「学術交流・協力に関する基本協定書」を1月22日に締結しました。この協定は、両法人が行う研究・教育活動全般における学術交流・協力を推進し、相互の研究・教育の一層の進展と地域社会及び国内外の発展に資することを目的としたものです。

同協定に基づき、機構が推進する地域研究推進事業「北東アジア地域研究」における連携活動が平成28年度から実施され、同地域研究の中心拠点である国立民族学博物館には「北東アジア地域研究拠点」が設置されます。一方、同アカデミー歴史考古学研究所内に、同地域研究のためのリエゾン・オフィスを設置する計画が進められています。

調印式には、エンフトプシンモンゴル科学アカデミー総裁、チョローン同アカデミー歴史学考古学研究所長が出席しました。さらにフレルバータルモンゴル国大使館特命全権大使、クランダ在大阪モンゴル国総領事館総領事が臨席され、フレルバータル大使からは「両機関のリエゾン・オフィスが北東アジアにおける拠点になり、そこから北東アジア研究が発展することで、日本とモンゴルの相互理解につながるよう期待している。」との祝辞がありました。

このたびの協定締結を機に、両法人間のより広い分野での共同プロジェクトの開拓や研究者の交流が促進され、両法人の一層の発展が期待されます。

160823_01_0.jpg

左からエンフトプシン総裁、立本機構長

 

160823_02_0.jpg

左からチョローン所長、クランダ総領事、フレルバータル特命全権大使、エンフトプシン総裁、

立本機構長、小長谷理事、須藤民博館長、佐々木同館教授

 

2016年7月29日

モンゴル科学アカデミー歴史考古学研究所にリエゾン・オフィスを設置

 平成28年7月29日、モンゴル国ウランバートル市のモンゴル科学アカデミー・歴史考古学研究所に当機構として初めてとなる海外リエゾン・オフィスを設置し、その開所式をモンゴル科学アカデミーとともに挙行しました。

 同オフィスは、平成28年1月22日に調印されたモンゴル科学アカデミーと当機構との間の学術交流協定」に基づく、両組織間の交流拠点として設置したものです。当面は、平成28年4月からスタートさせた当機構のネットワーク型基幹研究プロジェクト「北東アジア地域研究」を中心とする国内外の共同研究者の活動拠点としての利用を計画しており、将来的にはモンゴル、日本両国における人文系研究の活動拠点としての役割を果たすことも視野に入れています。他方、当機構の国立民族学博物館(「北東アジア地域研究」における中心拠点機関)においては平成28年1月に「北東アジア地域研究拠点」のオフィスを設置しており、両オフィスを活用して北東アジア地域研究者をはじめとした両組織間相互の研究交流を促進します。

 開所式には、モンゴル科学アカデミーを代表して、Regdel総裁代行、Chuluun歴史考古学研究所長が、当機構を代表して、立本機構長、小長谷理事、そして「北東アジア地域研究」の研究拠点を代表して、岩下北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター教授、岡東北大学東北アジア研究センター長及び辛嶋国立民族学博物館拠点研究員が出席し、また、来賓として在モンゴル日本国大使館から菊池公使参事官にご臨席いただきました。このほかにも同アカデミーから多くの関係者が参加し、リエゾン・オフィスの開所を盛大に祝いました。

160823_03_0.jpg

立本機構長による挨拶

 

160823_04_0.jpg

テープカットの様子。

左から、菊池在モンゴル日本国大使館公使参事官、Regdelモンゴル科学アカデミー総裁代行、

立本機構長、Chuluun同アカデミー歴史考古学研究所長

 

160823_05_0_0.jpg

開所式出席者による記念撮影