国際シンポジウム 「厄災の時代を生き抜くための人文知」がパリで開催されます。(10月8日)

2016年9月28日

パリ日本文化会館と人間文化研究機構の共催によるシンポジウムが開催されます。

国際シンポジウム「厄災の時代を生き抜くための人文知」(La sagesse face aux crises actuelles)

日時 2016年10月8日(土) 15時から18時

会場 パリ日本文化会館 大ホール

プログラム

  荒木 浩 「独り生まれ、独り死す/朝(あした)に死に、夕べに生まる―中世日本文学の生死観と災厄」

  田中 大喜 「中世日本の「安穏」と武士・武家政権」

  ジャン・ノエル・ロベール Jean-Noël Robert 「タイトル未定」         

 

 ご案内・お申込みはこちら