【国立民族学博物館】左地亮子機関研究員「第39回 サントリー学芸賞〔思想・歴史部門〕」受賞

2017年12月19日

○受賞年月日:平成29年12月11日

○サントリー学芸賞:

広く社会と文化を考える独創的で優れた研究、評論活動を、著作を通じて行った個人に対して、「政治・経済」「芸術・文学」「社会・風俗」「思想・歴史」の4部門に分けて、毎年「サントリー学芸賞」を贈呈しています。

1979年の本賞創設以来、第38回(2016年度)までの受賞者は321名を数え、これらの受賞者の業績は、主題への斬新なアプローチ、従来の学問の境界領域での研究、フロンティアの開拓などの点で高く評価されています。

従来、評論・研究活動を幅広く顕彰する賞は少なく、既存の枠組にとらわれない自由な評論・研究活動に光を当てることは、本賞の重要な役割となっています。

(サントリーのウェブサイトより)