vol.003 - Dutch eyewitness accounts of the Siege of Osaka オランダ人が見た大坂の陣

Dutch eyewitness accounts of the Siege of Osaka

 

"You will know that we here in Sakai are in great disturbance. The reason being that the emperor [Ieyasu] has come with his full might and camped his army in Fushimi and its environs, in order to besiege Osaka with force. Those from Osaka are in good spirits, they are expecting the arrival of the emperor. Most of the citizens of Osaka and Sakai have fled with their belongings to various places". With these words the Dutch trader Melchior van Santvoort starts his letter, written in Dutch on the 29th of November 1614 (the month and the day are in Japanese calendar, December 18 in Gregorian calendar) in Sakai, during the winter campaign of the siege of Osaka.

 

A letter by Elbert Woutersz, a servant of the Dutch East India Company, dated January 29, 1615, describes the ruinous condition of Osaka after the winter campaign. Wouterz arrived in Sakai on the 25th and went to Osaka the next day. "By order of Hideyori, more than 15000 houses were burnt, resulting in a broad square, larger than the shooting range of a canon", Woutersz writes.

 

Such eyewitness accounts related to the siege of Osaka can be found in 10 letters written by Dutch traders such as Melchior van Santvoort, Elbert Woutersz and Matthijs ten Broecke. These letters were sent from Sakai, Osaka, Kyoto and Murotsu (present-day Tatsuno city) before and after the battles and transmit what the Dutch saw and heard in those respective places. In these letters the fear and panic of the citizens in those harsh times are clearly recorded. The letters provide us with a rare glimpse of what ordinary citizens experienced, contrary to most Japanese documents, which mainly give us the viewpoint of the Tokugawa bakufu.

 

The survey of the letters is conducted as part of a joint research project "The Hirado Project" between Nichibunken and Leiden University. For the period between 1609 and 1633 there have been 524 letters identified so far. These letters contain a wealth of information on the international relations and society of the early Edo period. The goal of this project is to publish annotated transcriptions and Japanese translations of these sources. "The Hirado project" is part of "Japan-related Documents and Artifacts Held Overseas : NIHU International Collaborative Research and Utilization".

 

Frederik Cryns

Associate Professor

International Research Center for Japanese Studies (NICHIBUNKEN)

 

 

 

 

 

オランダ人が見た大坂の陣

 

「当地堺では、我々は皆、大混乱状態に陥っていることを知らせる。その理由とは、皇帝〔家康〕が武力で大坂を攻囲するために、その全軍を率いて、伏見やその周辺に軍を配置したことである。大坂方は士気高く皇帝の到来を待ち受けている。大坂と堺の市民たちの多くがその荷物を持ってあちこちへ逃げた」。これは、オランダ商人ファン・サントフォールトが1614年11月29日(年は西暦、月日は和暦、慶長19年11月29日)付で堺から発信した書簡の冒頭部分である(原文はオランダ語)。その時期は、大坂冬の陣の時である。

 

その1ヶ月後の1615年1月29日(慶長19年12月29日)付の東インド会社の商務員ワウテルセンの書簡には冬の陣後の荒れ果てた状況について記されている。ワウテルセンは同月25日に堺に到着し、その翌日に大坂を訪れ、その時の状況について「秀頼の命令の下に一万五千軒以上の家が全焼させられ、四方に大砲の射程よりも広い空地ができた」などと書いている。

 

このような大坂の陣に関連する記述のあるオランダ人の書簡としては、メルヒヨル・ファン・サントフォールト、エルベルト・ワウテルセン、マテイス・テン・ブルッケの書簡10通を確認している。これらの書簡は、大坂の陣の前後に堺、大坂、京都、室津(現・兵庫県たつの市)から発信されており、オランダ人が当時各地で見聞したことを伝えている。そこには、不穏な状況下での民衆の恐怖や混乱が克明に記録されている。大坂の陣について庶民が残した史料が乏しい中で、庶民の視点から見た記録として貴重であるといえる。

 

国際日本文化研究センター(日文研)は、オランダのライデン大学と共同でハーグ国立文書館の所蔵文書の内、1609年~1633年の送受信書簡を調査し、これまで524点の書簡を確認した。これらの書簡は、江戸初期における対外関係や社会を研究する上で、情報の宝庫である。今後、人間文化研究機構(人文機構)ネットワーク型基幹研究プロジェクト「日本関連在外資料調査研究・活用」事業の中の「ハーグ国立文書館所蔵平戸オランダ商館文書調査研究・活用」の一環として、これらの書簡の翻刻と和訳を進めていく。

 

フレデリック・クレインス

国際日本文化研究センター 准教授

 

 

 

nihu_magazine003_1.jpg

Melchior van Santvoort to Jacques Specx, Sakai, November 29, 1614 (Nationaal Archief, Den Haag, Nederlandse Factorij in Japan, nummer toegang 1.04.21, inventarisnummer 276)

メルヒヨル・ファン・サントフォールトより平戸オランダ商館長ジャック・スペックス宛書簡、堺、1614年11月29日付(月日が和暦)。(ハーグ国立文書館所蔵)

 

nihu_magazine003_2.jpg     nihu_magazine003_3.jpg

Elbert Woutersz to Jacques Specx, Sakai, January 29, 1615 (Nationaal Archief, Den Haag, Nederlandse Factorij in Japan, nummer toegang 1.04.21, inventarisnummer 276)

エルベルト・ワウテルセンより平戸オランダ商館長ジャック・スペックス宛書簡、堺、1615年1月29日付。(ハーグ国立文書館所蔵)