【研究・教育系, -常勤】国文学研究資料館 特定有期雇用職員(特任助教)の募集 募集は終了しました

募集職

国文学研究資料館特定有期雇用職員(特任助教)

採用人数

1

採用予定日

2012年9月1日

職務内容

日本古典籍の本文の研究を行うと共に、翻刻複製情報の集約と古典情報の整理・公開を担当する。

募集要項等

添付サイズ
PDF icon 公募要領219.55 KB

書類提出先

〒190-0014 立川市緑町10-3 人間文化研究機構 国文学研究資料館長宛
※郵送の場合は、封筒の表に必ず「特定有期雇用職員(特任助教)公募関係」と朱書きし、書留とすること。

応募締切

平成24年6月29日(金)必着

問い合わせ先

管理部総務課人事係
TEL 050-5533-2908又は2909

応募資格

(1)博士の学位を取得している者、またはそれと同等以上の学力を有する者。

(2)日本古典文学に関する優れた研究業績を有し、以下の諸要件を備える者。

a.日本古典文学に対する幅広い知見を有すること。

b.目録及び古典本文のデータベースを作成した経験があることが望ましい。

c.日本文化に広く関心を有し、有識故実等の関連分野にも十分な知識があること。

(3)日本語を母語としない場合、業務に支障がない日本語能力を有する者。

雇用条件

(1)契約期間は、平成24年9月1日(予定)~平成27年3月31日までとし、契約期間の更新はしない。
(2)給与は基本年俸とし、12分の1の金額を毎月支給する。
年俸は、通勤手当、扶養手当、住居手当、地域手当等を考慮し算定しているので、手当は、別途支給しない。
(3)その他処遇については、本機構特定有期雇用職員規程 による。

選考方法

(1)第1次選考 書類審査(書類審査の結果は平成24年7月中旬頃に通知する。)
(2)第2次選考 面接審査(書類審査を通過した者に対して、平成24年7月下旬頃に面接審査を国文学研究資料館で行う。詳細は第1次選考通過者に対して通知する。なお、面接に要する旅費等は自己負担とする。

提出書類

 

(1)国文学研究資料館研究教育職員応募出願書  (別紙様式1) 1部

(2)履歴書(写真貼付)  (別紙様式2) 1部

(3)研究業績目録  (別紙様式3) 8部

※未発表であっても掲載を予定して発行者が受理済みのものは差し支えないが、その場合は発行者の掲載予定証明書等を添付すること。

(4)上記(3)に掲載した研究業績の内、代表的論文3編の抜刷または写し。

(著書を含むことができる。) 各8部

※著書の場合は4部を送付すること。

※なお、外国語で書かれた論文等については、日本語の概要

(A4横書き1枚、1600字以内にまとめたもの)を添付すること。

(5)応募理由書(様式自由、但しA4横書き1枚、1600字以内にまとめたもの) 8部

(注)提出書類のうち(4)の返送を希望する場合は、返送先(郵便番号・住所・氏名)を記し、必要な切手を貼った封筒を同封すること。ただし(4)以外の書類は返却しない。
(1)(2)(3)の公募様式はこちら よりダウンロードください。

個人情報の取扱い

本募集に関連して提出された個人情報については、選考の目的に限って利用し、選考終了後は、特定有期雇用職員(特任助教)として採用する者の情報を除き、全ての個人情報は責任を持って破棄します。

機構の採用情報を見る