【研究・教育系, -常勤】国立民族学博物館准教授又は助教の募集 募集は終了しました

募集職

国立民族学博物館准教授又は助教

採用人数

1

採用予定日

2014年4月1日

募集要項等

添付サイズ
PDF icon 募集要項172.41 KB

提出書類

(1)国立民族学博物館教員公募申請書 (Word形式:29KB)

(2) 履歴書(写真貼付)

(3) 研究業績一覧

(4) 主要著書、論文(別刷またはコピー)5点以内。

(外国語で書かれた業績には、日本語の概要を添付すること)

(5) 主な研究業績の概要(2,000字以内)

(6) 今後の研究・活動計画(2,000字以内)

(自らの研究計画について、国内外の学界動向を踏まえて記載する。)

(7) 推薦書一通

様式自由。但し(1)(2)(3)(5)(6)(7)については、A4サイズ。

書類提出先

〒565-8511 吹田市千里万博公園10-1 国立民族学博物館 公募人事選考委員会 宛
封筒に「教員公募(南アジア)書類」と朱記し、書留郵便とすること。
なお、提出された書類等は原則として返却しない。
※個人情報の取扱いについて
 本公募に関連して提出された個人情報については、選考の目的に限って利用し、選考終了後は、教員として採用される方の情報を除き、すべての個人情報は責任をもって破棄します。教員として採用される方については、人事、労務、給与関係処理等採用手続き及び研究・教育等館内の各種手続きに使用させていただきますので、あらかじめご了承願います。

応募締切

平成25年6月20日(木)必着

問い合わせ先

国立民族学博物館 公募人事選考委員会にFAXにて問い合わせること。

FAX : 06-6875-0401

任期

5年(更新なし。ただし、人間文化研究機構において有期労働契約を締結する職から引き続き任用するときは、任期が5年以下となることがある。)
大学共同利用機関法人人間文化研究機構の研究教育職員の任期に関する規程及び国立民族学博物館の研究教育職員の任期に関する規則による。
詳細は国立民族学博物館サイト(公募・調達等情報)を参照:http://www.minpaku.ac.jp/offer/

分野

南アジアを対象とする、文化人類学・民族学をはじめとする関連諸分野の研究。現地調査に基づく研究であることが望ましい。

応募資格

(1) 博士の学位を有する者。あるいは、それと同等の学力、業績を有する者。

(2) 日本語のコミュニケーション能力を有する者。

選考方法

書類選考後、面接を実施する。おって面接を行う者に対しては通知する(平成25年6月下旬?7月頃予定)。なお、面接のための交通費、滞在費は支給しない。

機構の採用情報を見る