アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開

「アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開」

「エコヘルス」は、従来は医療や疾病研究の視点で捉えられてきた「健康」を、社会変容と環境変化が急速に進む近現代における、暮らしや生態環境、生業、食生活等との関わりから探求しようとする新たな研究の視座です。本プロジェクトは、特にアジア地域の環境と健康をめぐる問題や、歴史的な「健康」概念の考察等を通じて、人間文化研究の観点から地域に根ざした学際的「健康」研究に取り組み、アジアのエコヘルス学と研究ネットワークの創成を目指します。

【構成ユニット】

①「アジアにおける健康と環境:新たな人間と環境との関係性としての「エコヘルス」概念の再構築に向けて」 (総合地球環境学研究所)

②「アジアの中の日本古典籍:医学・理学・農学書を中心として」 (国文学研究資料館)

③「文明社会における食の布置」 (国立民族学博物館)

「アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開」基本計画.pdf