現代中東地域研究

【中心研究テーマ】

 「地球規模の変動下における中東の人間と文化-多元的価値共創社会をめざして

 

自然や社会、言語メディア環境等の地球規模の変動下で、中東地域の個々人による情報の入手とその知識としての蓄積、資源としての活用に着目し、個人の再社会化とその相互作用の中に多元的価値を包摂/排除しながら共創される社会空間の実相を捉え直し、個から世界を構想する地域研究の新たな方法論を開拓します。

現代中東地域研究 プロジェクト・ページはこちら

「現代中東地域研究」基本計画.pdf 

【研究拠点】

①国立民族学博物館 現代中東地域研究拠点

  担当分野:文化資源/「個人空間の再世界化」をテーマとし、文化知識の資源化に焦点をあてる。

②東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 中東イスラーム研究拠点

  担当分野:人的資源(制度的側面)/「人間の移動・交流によるネットワークの構築」をテーマとし、政治知識の資源化に焦点をあてる。

③上智大学研究機構 イスラーム研究センター  

  担当分野:人的資源(非制度的側面)/「中東的な<公共>の多元的展開」をテーマとし、倫理知識の資源化に焦点をあてる。

④京都大学大学院 アジア・アフリカ地域研究研究科附属 イスラーム地域研究センター 

  担当分野:知的資源/「穏健主流派の形成」をテーマとし、宗教知識ならびに経済知識の資源化に焦点をあてる。

⑤秋田大学 国際資源学部

  担当分野:自然資源/「環境問題と多元的資源観」をテーマとし、自然知識の資源化に焦点をあてる。