【ウィークエンド・サロン】 菅瀬晶子「聖者崇敬からみたシリア、レバノン、ヨルダン、パレスチナ」

中東のムスリムとキリスト教徒、ユダヤ教徒は、古来より共通する聖者の祝祭を共有することで、共存に役立ててきました。しかし今日、紛争などの理由により、その共存は危機に瀕しています。聖者崇敬の視点から、共存の歴史と今後の展望をお話しします。

 

【場 所】 国立民族学博物館 本館展示館

【日 時】 2015年11月29日(日) 14:30~15:30(予定)

【話 者】 菅瀬晶子(国立民族学博物館助教) 

 

詳細情報(みんぱくのサイト)

ウィークエンド・サロン開催スケジュール(みんぱくサイト)