【公開講演会・シンポジウム】 第27回「没後150年 シーボルトが紹介した日本文化」 受付は終了しました

チラシを見る  (PDF形式:2.31MB)

 

【テーマ】  「没後150年 シーボルトが紹介した日本文化」

【日 時】 平成28年1月30日(土) 13:00~17:30 (開場 12:30)

【会 場】 ヤクルトホール(東京都港区東新橋1-1-19) 

【定 員】  530名(参加無料、事前申込みが必要《先着順》)

【主催等】 主催:人間文化研究機構、担当機関:国立歴史民俗博物館、後援:文部科学省

【趣 旨】 二度にわたる来日を通じ、精力的に日本関係資料を収集したことで知られるフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、著書の出版のみならず、園芸植物の通信販売や、四都市(ライデン、アムステルダム、ヴュルツブルク、ミュンヘン)で開催された日本展示など、さまざまな手段によって、19世紀の西洋世界に「異文化としての日本」を紹介しました。没後150年を記念して、シーボルトの功績を振り返るとともに、今後のシーボルト研究の展望について、様々な分野の研究者が論じます。

 

プログラム (※内容は変更する場合があります) 
13:00-
13:05
主催者挨拶 立本 成文(人間文化研究機構長)
13:05-
13:35
企画趣旨 日高 薫(国立歴史民俗博物館教授)
13:35-
14:35
基調講演

「シーボルト父子の日本コレクションとヨーロッパにおける日本研究」

 ヨーゼフ・クライナー(ボン大学名誉教授・法政大学国際日本学研究所客員所員)

14:35-
14:50

休 憩

14:50-
15:35
講 演 「ジャポニズムの先駆けとなったシーボルトの植物」 大場 秀章(東京大学名誉教授)
15:35-
16:20
講 演 「近世日本を語った異国人たち:シーボルトの位置」 松井 洋子(東京大学史料編纂所教授)
16:20-
16:35
休 憩
16:35-
17:25
パネルディスカッション

「シーボルト研究の現状とこれから」

 <パネリスト> ヨーゼフ・クライナー、大場秀章、松井洋子、日高薫

 <司会> 大久保純一(国立歴史民俗博物館教授)

17:25-

17:30

挨拶 久留島 浩(国立歴史民俗博物館長)

 

定員に達しましたので、受付けを締め切りました。(1月12日) 

多数のお申し込み、誠にありがとうございました。

【申込方法】 歴博ホームページの申込フォームまたは往復ハガキでお申し込みください。

 申込フォーム:歴博ホームページ→催し物→歴博フォーラム「お申し込み方法」をご覧ください。

   https://www.rekihaku.ac.jp/events/forum/index.html

 往復ハガキ:「第27回シンポジウム1月30日参加希望」と明記の上、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入し、下記宛先にお申し込み下さい。

【申込先】 〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117番地

 国立歴史民俗博物館 広報サービス室 広報・普及係

【お問い合わせ】 電話 043-486-0123(代) http://www.rekihaku.ac.jp/

【本件に関する問い合わせ先】 人間文化研究機構 企画課 センター事務担当

 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-13ヒューリック神谷町ビル2F

 電話 03-6402-9244(直通) FAX 03-6402-9240 

 メール assistant☆nihu.jp (☆を@に替えてください)

 

 詳細情報(歴博のサイト)

【テーマ】  「没後150年 シーボルトが紹介した日本文化」

【日 時】 平成28年1月30日(土) 13:00~17:30 (開場 12:30)

【会 場】 ヤクルトホール(東京都港区東新橋1-1-19) 

【定 員】  530名(参加無料、事前申込みが必要《先着順》)

【主催等】 主催:人間文化研究機構、担当機関:国立歴史民俗博物館、後援:文部科学省

【趣 旨】 二度にわたる来日を通じ、精力的に日本関係資料を収集したことで知られるフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、著書の出版のみならず、園芸植物の通信販売や、四都市(ライデン、アムステルダム、ヴュルツブルク、ミュンヘン)で開催された日本展示など、さまざまな手段によって、19世紀の西洋世界に「異文化としての日本」を紹介しました。没後150年を記念して、シーボルトの功績を振り返るとともに、今後のシーボルト研究の展望について、様々な分野の研究者が論じます。

 

プログラム (※内容は変更する場合があります) 
13:00-
13:05
主催者挨拶 立本 成文(人間文化研究機構長)
13:05-
13:35
企画趣旨 日高 薫(国立歴史民俗博物館教授)
13:35-
14:35
基調講演

「シーボルト父子の日本コレクションとヨーロッパにおける日本研究」

 ヨーゼフ・クライナー(ボン大学名誉教授・法政大学国際日本学研究所客員所員)

14:35-
14:50

休 憩

14:50-
15:35
講 演 「ジャポニズムの先駆けとなったシーボルトの植物」 大場 秀章(東京大学名誉教授)
15:35-
16:20
講 演 「近世日本を語った異国人たち:シーボルトの位置」 松井 洋子(東京大学史料編纂所教授)
16:20-
16:35
休 憩
16:35-
17:25
パネルディスカッション

「シーボルト研究の現状とこれから」

 <パネリスト> ヨーゼフ・クライナー、大場秀章、松井洋子、日高薫

 <司会> 大久保純一(国立歴史民俗博物館教授)

17:25-

17:30

挨拶 久留島 浩(国立歴史民俗博物館長)

 

定員に達しましたので、受付けを締め切りました。(1月12日) 

多数のお申し込み、誠にありがとうございました。

【申込方法】 歴博ホームページの申込フォームまたは往復ハガキでお申し込みください。

 申込フォーム:歴博ホームページ→催し物→歴博フォーラム「お申し込み方法」をご覧ください。

   https://www.rekihaku.ac.jp/events/forum/index.html

 往復ハガキ:「第27回シンポジウム1月30日参加希望」と明記の上、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入し、下記宛先にお申し込み下さい。

【申込先】 〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117番地

 国立歴史民俗博物館 広報サービス室 広報・普及係

【お問い合わせ】 電話 043-486-0123(代) http://www.rekihaku.ac.jp/

【本件に関する問い合わせ先】 人間文化研究機構 企画課 センター事務担当

 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-13ヒューリック神谷町ビル2F

 電話 03-6402-9244(直通) FAX 03-6402-9240 

 メール assistant☆nihu.jp (☆を@に替えてください)

 

 詳細情報(歴博のサイト)