【NINJALフォーラム】 「ここまで進んだ!ここまで分かった!国立国語研究所の日本語研究」

 国立国語研究所は,大学共同利用機関に移行してから6年 (第2期中期計画期間の終了) という節目を迎えます。1948 (昭23) 年の発足当初は,ウチ (すなわち国民) の視点から見た「国語」を研究することがミッションでしたが,現在ではウチの視点だけでなく,ソト (世界の諸言語) の視点,そしてソトとウチの接点としての「外国人の日本語学習」という3つの視点から日本語を多角的・総合的に研究する機関へと進化してきました。ウチの視点から見ると,一口に日本語といっても方言や歴史変化など実に多様な姿があることが浮き彫りになります。ソトの視点から見ると,世界諸言語の中で日本語が持つ独自性と普遍性が分かってきます。さらに,ウチとソトを融合した大きな視点に立つことで,外国人が日本語を習得する際に経験する諸問題に対する解決の糸口が見えてきます。このフォーラムでは,これら3つの視点から共同研究の成果を分かりやすく紹介するとともに,各種プロジェクトの展示やデモンストレーションも用意しています。ことばに興味を持つ多くの方々のご来場をお待ちします。

 

【日 時】 平成28年3月5日(土) 13:00~17:15 (受付 12:20~)

【会 場】 一橋講堂(千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階)

【定 員】 400名(要事前申し込み)

【参加料】 無料

 

スケジュール 
12:20

受付開始

13:00-13:15

開会の辞 ―国立国語研究所 6年間の歩み― 

                       影山 太郎(国立国語研究所長)

13:15-13:45

【講演】危機方言はおもしろい ―方言にひそむ多様な発想法―

時空間変異研究系 教授 木部 暢子

13:45-14:15

【講演】言語研究のインフラ整備 ―日本語コーパスから見えてきたもの―

言語資源研究系 教授 前川 喜久雄

14:30-15:30 ポスター展示とデモンストレーション
15:40-16:10

【講演】日本語の音声 ―促音 (っ) の謎―

理論・構造研究系 教授 窪薗 晴夫

16:10-16:40

【講演】言語の普遍性と多様性

           ―自動詞・他動詞の対応にみられる普遍的傾向―

言語対照研究系 教授 プラシャント・パルデシ

16:40-17:10

【講演】日本人と外国人の日本語コミュニケーション

           ―学習者の「安全な誤用」と「危険な正用」―

日本語教育研究・情報センター 教授 迫田 久美子

17:10-17:15

閉会の辞 ―今後の展望―  

                      所長 影山 太郎

  

詳細情報(国語研のサイト)