人文機構シンポジウム

人文機構が中心となり、大学や多様な研究組織とも連携しながら、人間文化に係る最新の研究成果をテーマとしたシンポジウムを開催しています。 人文機構が持つ資料や研究成果を広く社会に公開・還元し、市民のみならず人間文化に関心をもつ研究者との交流と相互理解を促進します。

第19回人文機構シンポジウム  日中国交正常化40周年シンポジウム―日中「歴史の変わり目」をどう考えるか 未来をどう切り開くか

第18回人文機構シンポジウム  不安の時代をどう生きるか ―鴨長明と『方丈記』の世界

第17回人文機構シンポジウム  遠い森林、近い森 ― 関係性を問う

第16回人文機構シンポジウム  アジアからの琉球弧を考える ―海洋をめぐる人・モノ、文化

第15回人文機構シンポジウム  中東の激動を考える

第14回人文機構シンポジウム  ことばの類型と多様性

第13回人文機構シンポジウム  食:生物多様性と文化多様性の接点

第12回人文機構シンポジウム  知の役割 知のおもしろさ ―人間文化研究のめざす道を考える

第11回人文機構シンポジウム  ウチから見た日本語、ソトから見た日本語

第10回人文機構シンポジウム  百鬼夜行の世界

第9回人文機構シンポジウム  源氏物語の魅力

第8回人文機構シンポジウム  新しい近世史像を求めて

第7回人文機構シンポジウム  国際開発協力へのまなざし―実践とフィールドワーク

第6回人文機構シンポジウム  世界に広がる日本のポップカルチャー

第5回人文機構シンポジウム  人はどんな手紙を書いたか―近代日本とコミュニケーション