vol00/<危機>の時代に
人文知コミュニケーター座談会

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)によって引き起こされた「危機」に際して、人文学の研究者は何をすべきか。また、研究と社会をつなぐ人文知コミュニケーターに今できることは何か。そういう問いから、人文知コミュニケーター初の共同企画「くらしに人文知〜コロナ時代を生き抜く」の連載を始める運びとなりました。人文知コミュニケーター独自の眼差しで、人間文化研究機構内外の研究者との対談や、関係者のインタビューなどを掲載していく予定です。

第1回目の記事として、連載のコンセプトやテーマについて、自らの経験を交えながら率直に語り合った内容をお届けします。この議論自体が人文学の役割を考える小さな糸口になれば幸いです。

日時

2020年4月28日(火)15:00〜17:00

日時

[人文知コミュニケーター]

河合 佐知子

河合 佐知子国立歴史民俗博物館/日本中世史、女性・ジェンダー史、女院研究、前近代温泉文化史研究

粂 汐里

粂 汐里国文学研究資料館/15〜17世紀の日本の語り物文芸(幸若舞曲、説経、古浄瑠璃)

金 セッピョル

金 セッピョル総合地球環境学研究所/文化人類学、日本と韓国の死と葬儀に関する研究

大石 侑香

大石 侑香国立民族学博物館/文化人類学、シベリア・北極域の生業研究

[総合情報発信センター研究員]

 ●堀田 あゆみ  人間文化研究機構/文化人類学、モンゴル研究

Copyright (C) 2020 National Institutes for the Humanities. All Rights Reserved.
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構