今なぜ、人間文化か

 
 
人間文化研究機構 理事
平川 南
 

 私たち人間はあくなき探求心と営為の結果、きわめて高度で豊かな社会を実現しました。が、それは一方で、地球環境問題をはじめとする深刻な弊害をも生み出す結果となっています。

 新しいものを創造する、あるいはよりすぐれた価値や真理を探究しようとすることこそが人間の文化であるわけです。

 今、「人間文化」はどのような意味を持ち、また、これからどうあるべきなのでしょうか。さらに、私たちは人間文化の研究にどのように臨めばよいのでしょうか。

そのような意図から、人間文化研究機構では、設立にあたっての記念公開講演会・シンポジウムのテーマを「今なぜ、人間文化か」とすることにいたしました。

 人間文化研究機構によって結ばれた五つの研究機関は、これまでそれぞれ異なる活動をしていましたが、機構の設立によって、二十一世紀のさまざまな現代史的な課題を、人文の立場からともに協力して、解明していく機械を与えられました。したがって、本講演・シンポジウムでは五つの研究機関が結ばれたゆえの幅広い視点から、「人間文化」とは何かについてアプローチしてみたいと思います。

 また、このような催しを通じて私どもの設立の趣旨や、これから求めていく方向性を広く一般に公開し、私どももそれを手がかりにして大きく前進していきたいと考えております。