最新情報

定期的に講演会やシンポジウムを行っています。

【日文研】第1回 日文研―京都アカデミック ブリッジ「愛と芸術の都を語ろう」

  • 2020年10月13日- 2020年10月13日

日文研の井上章一所長と、日文研と提携する大学として、京都精華大学からウスビ・サコ学長を、京都市立芸術大学からは赤松玉女理事長・学長を招き、「愛と芸術の都を語ろう」をテーマにパネルディスカッションを行います。

続きを読む

展示

【民博】特別展「先住民の宝」

  • -

世界には、現在70カ国以上の国々に、約3億7,000万人の先住民が暮らしており、その民族の数は少なくとも5,000と言われています。本特別展でいう宝とは、圧政や差別に苦しみながらも、日々を力強く、そして希望を失わず生きてきた彼らにとっての心の拠り所であり、民族としての誇りでもあります。先住民の思いをのせた約740点におよぶ展示品とともに、先住民の世界を紹介します。

続きを読む

【民博】梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」

  • -

みんぱく初代館長を務めた梅棹忠夫(1920-2010)は、多数の学術調査に参加した知の先覚者 です。彼は、調査成果を論文などにまとめる方法を『知的生産の技術』(1969年)で述べまし たが、具体的に資料を加工する過程は示しませんでした。この企画展では、梅棹のアーカイブ ズ資料とデジタル・データベースで彼の方法の舞台裏を紹介します。

続きを読む

NIHU ON AIR