イベント一覧

定期的に講演会やシンポジウムを行っています。
  • 第37回人文機構シンポジウム「この世のキワー自然と超自然のはざま」

    2019年11月23日

    日時: 2019年11月23日(土)13:00~16:30
    会場: グランフロント大阪北館タワーC8階 ナレッジキャピタル カンファレンスルームタワーC
    RoomC01+02
    グランフロント大阪 北館までの所要時間:JR「大阪駅」(アトリウム広場)より徒歩3分、地下鉄御堂筋線「梅田駅」より
    徒歩約3分、阪急電鉄「梅田駅」より徒歩約3分
    主催:大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
    後援:文部科学省
    参加無料、手話通訳有、要事前申込(定員200名)

    趣旨:
    近世以前、ヨーロッパや中東においては、人魚、一角獣といった不可思議だが実在するかもしれない生物や現象は、「驚異」として自然誌の知識の一部とされました。また、東アジアにおいては、奇怪な現象や異様な生物・物体の説明として「怪異」という概念が作りあげられてきました。自然界のどのような現象が「驚異」や「怪異」という超常的なものとして認識され、どのような言説や視覚表象物として表れたのか、背景にどのような自然観があるのか、なぜ特定の事象が広く、永く伝承され続けるのかといった点に注目し、西洋近代的なnatureとしての「自然」という概念そのものを、学際的・多元的視点から捉えなおします。

  • 【日文研】第18 回 日文研・アイハウス連携フォーラム「日文研の三十年ーその批判的・分析的な回顧および展望」

    2019年11月22日

    国際日本文化研究センターは、時の総理大臣中曽根康弘の支援のもと、1987 年に京都に設立された国立の研究所です。バブル経済の最盛期、その構想は初代所長となる日本哲学者の梅原猛、およびフランス文学者の桑原武夫によって、世界に比肩しうる日本文化の姿を模索す べく案出されました。その後、東日本大震災などが日本社会に暗い影を投げかける中、日文研もまた自己の存在意義に悩むようになります。本講演では、梅原が夢見た日本研究の国際化の行方を検証することで、戦後日本社会の辿った足跡を当時の歴史的状況のもとに見つめ直します。

  • 【日文研】第332 回 日文研フォーラム「「旅する記憶」太平洋戦争の記憶と追体験―パプアニューギニア戦線を中心に」

    2019年11月20日

     日本の敗戦後、太平洋戦争の記憶の忘却への危惧が高まりつつも、戦争を描く小説、映画、漫画、テレビ番組は途絶えません。この講演では様々なかたちで残された戦争記録を「旅する記憶」と名付け、時と場所を超えどのように戦争記憶が想像・創造そして再想像・ 再創造されてきたのかをたどります。
     元兵士達の戦記が作った歴史から始まり、次世代の人々が戦跡への紀行などを通じ、どのように歴史を追体験したのかという過程に注目していきます。特に今現在の日本では忘れ去られていると言っても過言ではない、パプアニューギニアに注目をします。

  • 【日文研】日文研特別公開シンポジウム「天皇と皇位継承-過去と現在の視座」

    2019年11月09日

    今年春に天皇の代替わりがありました。退位も即位も、皇位継承の歴史上特筆すべき出来事でした。退位は、200 年前の光格天皇以来のことで、その直接の契機となったのは、2016年8月に全国のテレビ放送局が報道した天皇自身による「おことば」でした。前例のないおことば は、天皇が「生前退位」の意向をにじませるとともに、象徴天皇制とは何か、天皇は果たして何のためにあるのか、皇室の将来は何かなど多数の課題を国民に突きつける内容でした。令和の歴史的皇位継承を機に、特別公開シンポジウムを開き、天皇と皇位継承について複数の観点から振り返り、これからを展望します。

  • 大学共同利用機関シンポジウム2019「宇宙・物質・エネルギー・生命・情報・人間文化、その謎に挑む」

    2019年10月20日

    日時:2019年10月20日(日) 11時00分~17時00分
    会場:日本科学未来館 7 階 【東京都江東区青海 2-3-6】 大学・企業等の研究者に研究資源や実験装置などを提供する「大学共同利用機関」が一同に集 結。研究者になりたい!最新の研究成果を知りたい!研究者と交流したい!そんな方におすすめ のイベントです。 人間文化研究機構からは、国立歴史民俗博物館、国文学研究資料館、国立国語研究所、国際日本 文化研究センター、総合地球環境学研究所、国立民族学博物館に加え、機構本部が出展します。 

  • 第36回人文機構シンポジウム 「海外で《日本》を展示すること-KIZUNA展からその意義を探る-」

    2019年10月05日
  • 【日文研】第331回 日文研フォーラム「八幡神、変貌するその姿」

    2019年09月13日

     八幡神の正体は何でしょうか。恐れられる軍神でしょうか、慈愛に満ちた大菩薩でしょうか。
     古代の記紀神話に登場しない渡来系の神であった八幡神は、奈良の都に現れて以来、各地に勧請されて急速に全国へ広まっていきました。そして平安後期には、京都の石清水八幡宮が伊勢神宮に次ぐ尊崇を朝廷から集めました。さらに八幡神は源氏の守護神、武士が戦勝を祈願する武神として信仰されました。
     本報告では歴史的な展開のなかで八幡神が変貌する姿をとおして、その信仰の秘密を考えてみたいと思います。

  • 第111回歴博フォーラム「伝統の朝顔 20年の歩み」

    2019年08月17日

    くらしの植物苑特別企画「伝統の朝顔」は、1999年に第1回が開催され、2018年に20回目を迎えました。そこで、2019年は開催20周年を記念して、苑内での特別企画、本館第3展示室特集展示室での特集展示「伝統の朝顔」、講堂での歴博フォーラムを合わせた記念イベント「伝統の朝顔 20年の歩み」を開催します。

    歴博フォーラムでは、朝顔の色と形、特別企画開催のきっかけ、文献史料と浮世絵からみた朝顔について報告し、最後に質疑応答をおこないます。

  • 【地球研】2019 年度オープンハウスのお知らせ

    2019年07月26日

    総合地球環境学研究所(地球研)は、一般の方に地球研の活動を紹介するオープンハウス(一般公開)を実施いたします。
    日 時:2019 年7 月26 日(金) 9:30 - 13:00 (9:00 開場/最終受付12:30)
    場 所:総合地球環境学研究所
    参加費:無料
    対 象:どなたでも大歓迎(小学生以下のお子さまは保護者同伴でお越しください)
    申 込:不要
    イベント内容など詳細につきましては、特設ホームページをご覧ください。

  • 【地球研】 第28 回地球研地域連携セミナー(北海道)/第7 回 北大・地球研合同セミナー「サステイナブルな社会を作るためのビジネスを考える」

    2019年07月18日

    日 時:2019 年7 月18 日(木)14:00-18:00
    会 場:北海道大学大学院工学研究院 フロンティア応用科学研究棟 セミナー室1(1F)(札幌市北区北13条西8丁目)
    入場無料・申込不要
    概 要:
    サステイナブルな社会を作るために数多くのプロジェクトが国内、国外で行われています。しかしながら、その多くは企業の社会貢献活動や行政、市民からの寄付などの支援に頼っています。この状況は景気の影響を受けやすく、資金の調達ができなくなると活動が制限されたりするため、問題を解決することが次の活動の原資となるように自らで資金を調達できるようにする必要があります。
    本セミナーでは日本国内外での例を参考に、持続可能な活動を行うためにどのように問題を解決していくかについて討論します。

  • 【地球研】第14回地球研国際シンポジウム“Fair Use of Multiple Resources in Cross-Scale Context”

    2019年07月11日

    ⽇ 時︓2019年7⽉11⽇(⽊)- 12⽇(⾦)
    場 所︓総合地球環境学研究所 講演室
    参加ご希望の⽅は地球研HP記載のメールアドレスに以下の項⽬を記載
    してお問い合わせください。
    1.名前・メールアドレス
    2.所属先・職名
    3.参加希望⽇
    4.レセプション参加 希望あり/なし ¥5,000
    7/11(⽊)17︓45〜19︓00 地球研ダイニング
    5.昼⾷ 希望あり/なし ¥2,000
    7/12(⾦)ビュッフェの予定
    ※昼⾷及びレセプションの申込締切︓7⽉1⽇(⽉)

  • 第330回 日文研フォーラム「越境する民衆宗教―大正・昭和前期における大本教と道院・紅卍字会の関係を中心に」

    2019年07月05日

     激動する大正時代、関東大震災をきっかけに、日本の大本教と中国の道院・紅卍字会が海を越えて頻繁に交流するようになりました。大本教は帝国の周縁に自らの新天地を求め、道院・紅卍字会は海外に進出し普遍的救済の理念を実践しようとしました。日中近代国家の狭間に生きる民衆宗教はどのようなドラマを展開したのでしょうか。
     本発表では、これまでほとんど知られていない一次資料に基づき、大本教の中国での活動を中心に、その歴史の謎に迫ります。

     

  • 人文社会系研究の「可視化」手法(評価指標)の現状と課題

    2019年06月21日

    主 催:研究大学コンソーシアム研究力分析の課題に関するTF
    後 援:人間文化研究機構(予定)
    日 時:2019年6月21日(金)13:00-17:00
    会 場:東京工業大学蔵前会館ロイアルブルーホール(東京都目黒区大岡山2-12-1)
    概 要:
    国立大学における「研究の指標に基づく資源配分」が、特に国立大学に大きな衝撃を与えて以来、特に大学における研究評価の議論が各所で大きくなっている。その中で人文・社会科学の評価をどのように考えるのかについても、ここに至り特に具体化が求められる状況となってきている。
    一方で、評価と指標の関係については混乱も見られる。指標はあくまでも評価のための手段の一つであり、それ自体が「ある研究機関・研究者の価値」を持つことはない。本来は、目的に応じた形で評価軸を決定し、それに応じた指標を選定することが求められる。まずは、評価を行う前に、様々な研究を「可視化」できるものは何かを考える必要がある。
    このたび、研究大学コンソーシアム・研究力分析タスクフォースでは、あらたに人文社会系研究分析に関するワーキンググループを作り、議論を開始した。そこで、今回、表題の現状と課題について議論するシンポジウムを実施することとした。
    本シンポジウムにおいては、これまで検討されてきた人文社会系評価に関する国内外の多様な指標の事例を整理することで、人社研究の何をどのように見なければならないのかを検討し、研究の可視化手法を考えたい。

  • 【地球研】第80 回地球研市民セミナー『おいしいアフリカ!――マリ・ブルキナファソ・京都 食から考える地域の暮らしと地球の未来』

    2019年06月21日

    日 時:2019 年6 月21 日(金)18:30-20:00(18:00 開場)
    会 場:ハートピア京都 大会議室
    聴 講:無料 / 定 員:200 名(申込先着順)
    概 要:
    地球環境問題を解決し持続可能な未来を構築するためには一人一人の暮らしの現場から、地球規模で考えてゆくことが必要です。そのためには、様々な地球上の暮らしを知ることが第一歩。遠い世界の人々の暮らしに思いをはせ、共感することがサステイナブル・フューチャーにつながります。
    本セミナーでは食に注目。アフリカではどんな暮らしがあり、人々はどんな食べ物を食べているのでしょうか? 今回は、食に造詣の深いお二人をお招きしてお話を伺います。お一人は、西アフリカのマリ共和国出身で“暮らし” の視点から空間人類学の研究を続けるウスビ・サコさん。そして、もうお一人は、ブルキナファソで長く人類学調査をしてきた清水貴夫さん。
    お二人のお話を通じて、京都で、異(多)文化・生活・環境・未来を考える意味についてさぐりたいと思います。

  • 【日文研】第329 回 日文研フォーラム「鬼と鬼女と山姥と―山姥と鬼の関係」

    2019年06月14日

     「山姥」という語を辞書で引くと「深山に住む鬼女」とあり、「鬼女」の項を引くと女の姿をした鬼として謡曲「山姥」の詞を引いています。昔話の 「食わず女房」や「牛方と山姥」の山姥は鬼や鬼婆だったりしますが、一方「うば皮」や「米福粟福」のように主人公を助ける優しい山姥もいます。
     本発表では昔話、謡曲「山姥」や御伽草子の「花世の姫」等にでてくる山姥をみながら山 姥と鬼女・鬼との相違やその関係を考察したいと思います。