イベント一覧

定期的に講演会やシンポジウムを行っています。

  • 【地球研】第69回地球研市民セミナー「生物多様性の問題を社会に根づかせる―」

    • 2017年1月24日

     生物多様性は、種の絶滅や外来種などの問題だけではなく、人間社会にもたらす恵み(生態系サービス)を賢く利用することが重要な問題になっています。

     2010年に名古屋で生物多様性条約の第10回締約国会議が開催されて以来、国内外で生物多様性の考え方を社会に根づかせる(主流化する)さまざまな動きが急速に進みました。たとえば、生物多様性や生態系サービスの経済評価が世界各地で行われるようになり、その保全コストを負担する必要が議論されるようになってきました。一方、地方自治体が生物多様性地域戦略を策定したり、地域での保全を促進したりするための活動も広がっています。企業活動などにおいても、生物多様性に対する配慮の有無を企業評価として重視しようとする動きが進んでいます。こうした最近の動向とこれからの生物多様性問題を考えてみましょう。

    続きを読む
  • 【民博】みんぱくウィークエンド・サロン「東日本大震災の教訓」

    • 2017年1月22日

     甚大な被害を出した2011年の東日本大震災。その一方で、被災者たちの沈着で助け合いの精神に満ちた行動は世界中で賞賛を受けました。なぜ、彼らはそのような行動をとることができたのか。私たちはそこから何を教訓として受け取るべきなのか。企画展に合わせて考えます。

    続きを読む
  • 【歴博】歴博フォーラム 第104回「酉の鳥」

    • 2017年1月21日

    2017年の干支は酉です
    年末・年始にはさまざまな鳥の姿を目にされるでしょう
    そのなかでどの鳥が印象的でしたか
    ここでは、歴史のなかの鳥をながめてみたいとおもいます

    続きを読む
  • 【地球研】第18回地球研地域連携セミナー(高千穂)

    • 2017年1月21日

     地球研地域連携セミナーは、世界や日本の各地域で共通する地球環境問題の根底を探り、解決のための方法を考えていくことを目的に、地元の大学や研究機関、行政機関などと連携して開催するセミナーです。第18回となる今回は、宮崎県高千穂町にて下記のとおり開催いたします。

    続きを読む
  • 【民博】みんぱくゼミナール 「アイヌ文化と観光」

    • 2017年1月21日

     アイヌの工芸品販売や舞踊公演は明治・大正時代からおこなわれていました。かつては「文化を売り物にする」ことへの批判もありましたが、観光が文化継承を支えてきた面もあり、現在は経済的自立や文化発信の手段としても評価されています。歴史を踏まえて、さまざまな事例を紹介します。

    続きを読む
  • 【国語研】第10回NINJALフォーラム「オノマトペの魅力と不思議」

    • 2017年1月21日

     日本語は「ゲラゲラ笑う」「メソメソ泣く」のように、オノマトペ(擬音語、擬態語)をとても好む言語だと言われています。「ガラガラ」(赤ちゃんのおもちゃ)を筆頭に、「ガチャポン」や「ガリガリ君」(商品名)、「ピカチュウ」や「ひこにゃん」(キャラクター名)、「ペンペン草」「ミンミンゼミ」「ガラガラヘビ」(動植物名)等々、オノマトペに由来している語がたくさんあります。

     その一方で、謎が多いのもオノマトペの特徴です。そもそも日本語にオノマトペが多いのはなぜでしょう。その意味や役割は昔から変わらなかったのでしょうか。またオノマトペは私たちが言葉を身につけるのにどのような役割を果たしているのでしょう。大人のコミュニケーションではどのような役割を果たしているのでしょうか。日本語以外の言語にもオノマトペはあるのでしょうか。また、外国人が日本語を学ぶ際に日本語のオノマトペはどのような障壁となるのでしょうか。

     このフォーラムでは、このような疑問をもとにオノマトペをさまざまな観点から考察し、日本語を豊かにしていると言われているオノマトペの魅力と謎に迫ります。

    続きを読む
  • 【日文研】第10回 日文研・アイハウス連携フォーラム「志賀直哉の文学:外国語からの養分」

    • 2017年1月20日

     志賀直哉(1883-1971)の文学は近代散文の最高峰といわれています。その簡潔な表現、的確な描写、鮮明な視覚性は、文章のモデルとして、多くの人に模倣されてきました。若い頃の志賀は、当時の漢文、和文、戯文、欧文翻訳の文体に不満を持ち、新しい文体を創ろうと決心しました。そこで意欲的に吸収したのは、意外にもラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の英語文体、陶芸家バナード・リーチの話し言葉、台湾人中学生の日本語作文などでした。何と柔軟な言語意識でしょうか。志賀はさらに、フランス語を日本人の書き言葉にしようと提案したこともありました。
     本フォーラムでは、今日の国際社会において、このような言語的背景を持つ志賀文学の先鋭性から、いかなる啓示を得ることができるかお話しいただきます。
    ※発表は日本語のみ

    続きを読む
  • 【北東アジア地域研究】国際シンポジウム「北東アジアにおける資源の持続可能な利用」

    • 2017年1月18日

     2017年1月18日(水)に、富山大学五福キャンパスにおいて、国際シンポジウム「北東アジアにおける資源の持続可能な利用」を開催致します。本シンポジウムは、人間文化研究機構 (NIHU) ネットワーク型基幹研究プロジェクト「北東アジアにおける地域構造の変容:越境から考察する共生への道」の一環として開催されるものです。参加は無料です。なお、午前中のセッションは研究者向けのもので使用言語は英語 (通訳なし)、午後のセッションのみ同時通訳を設けます。

     

    続きを読む
  • 【民博】みんぱくウィークエンド・サロン「日本の鵜飼文化は誰が守るのか」

    • 2017年1月15日

     鵜飼とはウミウやカワウを使って魚を捕る漁法です。日本各地の鵜飼の現場では船頭さんの高齢化問題や、鵜飼道具の作り手不足といった問題があります。なかでも、野生のウミウを捕獲する技術の継承は無視できない問題です。ここではウミウ捕獲技術から鵜飼文化の今後について考えます。

    続きを読む
  • 【歴博】第396回歴博講演会「古代日本、北の役所・南の役所-近年の発掘調査から-」

    • 2017年1月14日

     教員が各自の研究成果をもとに行う催しです。毎月第2土曜日、13時から15時まで歴博講堂において開催されます。来館者は誰でも聴講することができます。参加無料で事前の申込みも不要です。(定員260名)

    続きを読む
  • 【日文研】第307回 日文研フォーラム「近世前期の学識と実学を再考する—京都の博学者、馬場信武を中心に」

    • 2017年1月10日

     江戸時代前期、特に十七世紀後半から十八世紀初頭の元禄〜正徳の時期は、思想、文芸、政治、経済、技術(科学)など、様々な分野において画期的な移行・変化が見られ、昨今、注目を集めています。
     実証的・合理的な精神が特徴とされるこの時代には、「実学」が興隆したとよく言われますが、この「実学」の担い手の一人に、京都の儒医、馬場信武がいました。博学の士であった信武の多岐にわたる著作群から、とりわけ『諸説辨断』という「考証随筆」を取り上げ、地球球体説など当時の新説を取り入れながら陰陽五行と「易」の理論を尊重した、「技術者」の心性を探ってみたいと思います。

    続きを読む
  • 【民博】みんぱくウィークエンド・サロン「みんぱくの資料をあつめてみよう ―データベースを活用した仮想展示のつくり方―」

    • 2016年12月25日

     みんぱくの標本資料は、そのほとんどがホームページ上で公開されています。展示場で気になる資料を見つけたら、もっと詳しい情報を標本資料データベースで調べてみましょう。使いこなすと自分の好きなテーマで標本資料をあつめて自分だけの展示を作ることなどもできるようになります。

    続きを読む
  • 【民博】みんぱくウィークエンド・サロン「先住民アート―アイヌとカナダ先住民の比較」

    • 2016年12月18日

     世界各地の先住民は歴史的に培ってきた技能を用いてさまざまな美術・工芸品を創り出してきました。カナダの北西海岸先住民によるトーテムポールや仮面、木箱、版画の制作とアイヌの木彫り彫刻品やタペストリー、衣類の制作を比較し、その意義について検討します。

    続きを読む
  • 【歴博】第213回くらしの植物苑観察会「近代のサザンカ」

    • 2016年12月17日

    くらしの植物苑では、毎月講師を交えて、「観察会」を実施しています。申し込みは不要です。

    続きを読む
  • 【民博】みんぱくゼミナール 「アイヌ語はどこから来たのか。そして、どこへ行くのか。」

    • 2016年12月17日

     アイヌ語と日本語の歴史的な関係や、どの言語と似ているのかなどについて解説するとともに、現在の保存・継承の取り組みや将来への展望をお話しします。新展示で見る・聞くことのできるアイヌ語も紹介します。

    続きを読む