人文機構シンポジウム

人文機構が中心となり、大学や多様な研究組織とも連携しながら、人間文化に係る最新の研究成果をテーマとしたシンポジウムを開催しています。
人文機構が持つ資料や研究成果を広く社会に公開・還元し、市民のみならず人間文化に関心をもつ研究者との交流と相互理解を促進します。

第30回人文機構シンポジウム 海の向こうの日本文化 ‐その価値と活用を考える-

日  時:平成29年6月3日(土)

    13:30~16:30(開場13:00)

会  場:九州大学西新プラザ

   (福岡市早良区西新2-16-23)

アクセス:地下鉄「西新」駅下車、⑦番出口より徒歩約10分

     http://nishijinplaza.kyushu-u.ac.jp/access.html

主  催:大学共同利用機関法人 人間文化研究機構

後  援:文部科学省、九州大学

参加無料、事前申込みが必要 《先着順 定員200名》

 シーボルトが日本で収集し、ヨーロッパに持ち帰った膨大な美術工芸品など、海外の研究機関等には多くの日本の歴史的資料が収蔵されています。人間文化研究機構では、これらの日本関連在外資料の調査研究をすすめています。今回のシンポジウムでは、九州各地に関係する最新の研究成果を紹介します。そして、新たな観光資源の発見につなげるための研究成果の発信、共有のあり方について、また地域振興に資する研究成果の活用の方法について、日本関連在外資料を例に研究者と観光業界、行政関係者がともに考えます。

海の向こうの日本文化 案内PDF

 

プログラム

 13:30 開会

     趣旨説明  稲賀 繁美(国際日本文化研究センター 教授)

 13:45 講演1 オランダ人と平戸との出会い

      -ハーグ国立文書館所蔵平戸オランダ商館文書調査研究・活用-

       フレデリック・クレインス(国際日本文化研究センター 准教授)

       講演2  海を渡った切支丹禁教文書1万点の可能性

      -バチカン図書館所蔵マリオ・マレガ収集文書調査研究・保存・活用-

       大友 一雄(国文学研究資料館 教授)

       講演3 シーボルト・コレクションの長崎くんち衣裳

      -ヨーロッパにおける19世紀日本関連在外資料調査研究・活用-

           澤田 和人(国立歴史民俗博物館 准教授)

     講演4  ニッケイ社会で生み出された資料から見た日本の言語文化

      -北米における日本関連在外資料調査研究・活用-

       朝日 祥之 (国立国語研究所 准教授)

 15:20 パネルディスカッション

パネリスト:岩崎 義則(九州大学 准教授)

 佐藤晃洋(大分県文化課 課長)

 佐野真由子(長崎県立大学 教授)

 河野まゆ子(JTB総合研究所 主任研究員)

 稲賀繁美

 16:30 閉会

 

 

申込方法

以下のWEBサイトからお申込みください。

http://nihu2017.info/form/

 

申込・お問い合わせ

「海の向こうの日本文化」事務局

TEL:092(722)0051  E-mail:mail★nihu2017.info(★を@に変えてください)

 

人文機構ニューズレターのご案内

人間文化研究機構では、「人文機構ニューズレター」(メール配信)で今後のイベントなどの情報をお知らせしています。

「人文機構ニューズレター」の受け取りを希望される方は、以下のサイト(「まぐまぐ!」のサイト)にメールアドレスを入力して、登録してください。

http://www.mag2.com/m/0001674003.html

なお、人文機構ニューズレターに登録すると、「まぐまぐニュース!(MAG2NEWS)」も配信されるようになりますが、「まぐまぐニュース!」の情報の配信を希望されない方は以下のサイトから解除できます。

http://www.mag2.com/wmag/

第29回人文機構シンポジウム 和食文化の多様性-日本列島の食文化を考える-

日本列島の食やその文化は、地域によりさまざまであり、また常に変化し続けてきました。このシンポジウムでは、日本列島の食を、歴史や風土、儀礼などの視点から紐解き、その多様なありようと、日本の食卓の「これから」を学術的な視点から考えてみます。

第28回人文機構シンポジウム 妖怪空間―でそうな場所― 【9月8日 要旨集を追加しました】

妖怪が出没するのは里山や奥山だけではありません。昨年他界した水木しげる氏は、妖怪のすみかを都市空間にも広げる視点を開きました。身近な生活の場に姿を現わす妖怪たちは、いったいどこからやってくるのでしょうか。 このシンポジウムでは、妖怪のすみかや異界への出入り口について、身体・家・街という視点から考えます。そして、歴史学、文学、民俗学などの成果をもとに史資料や絵画資料から解き明かし、妖怪という心象が形成された歴史的な背景や意味を浮き彫りにします。

第26回人文機構シンポジウム 苦悩する中東

第25回人文機構シンポジウム グローバル・インドのいま―経済発展と民主政治

第24回人文機構シンポジウム 世界の中の日本研究―京都から語る―

第23回人文機構シンポジウム 高齢期のウェルビーイングと多様な住まい方

第22回人文機構シンポジウム 画像資料による日本人移民への新視点―満州・ブラジル・南洋

第21回人文機構シンポジウム 海を渡った日本語

第20回人文機構シンポジウム コモンズ:豊かさのために分かちあう

第19回人文機構シンポジウム 日中国交正常化40周年シンポジウム―日中「歴史の変わり目」をどう考えるか 未来をどう切り開くか

第18回人文機構シンポジウム 不安の時代をどう生きるか ―鴨長明と『方丈記』の世界

第17回人文機構シンポジウム 遠い森林、近い森 ― 関係性を問う

第16回人文機構シンポジウム アジアからの琉球弧を考える ―海洋をめぐる人・モノ、文化

第15回人文機構シンポジウム 中東の激動を考える