研究活動上の不正行為防止に関する取り組み

人間文化研究機構では、研究活動上の不正行為の防止体制を整備し、また不正行為が生じた場合に適正に対応するために、「大学共同利用機関法人人間文化研究機構における研究活動上の不正行為の防止等に関する規程」を制定しています。 
また、本機構構成員が遵守すべき研究活動に係る行動規範を策定しています。 

大学共同利用機関法人人間文化研究機構における研究活動上の不正行為の防止等に関する規程

大学共同利用機関法人人間文化研究機構における研究活動に係る行動規範

人間文化研究機構研究者の行動規範(リーフレット)

 

.機構内の不正行為を防止する体制

 

総括研究倫理責任者(研究担当理事)、研究倫理教育責任者(各機関の長、本部において研究担当理事が兼任)を置き、研究倫理教育等の実施を含む不正行為の防止活動を実施しています。 
また、機構長の下に、本機構における研究倫理教育及びその他研究活動上の不正行為を未然に防止する取組を担当する部署として、「研究倫理教育等推進室」を設置しています。 

人間文化研究機構における研究活動に関する不正行為防止に係る体制図

大学共同利用機関法人人間文化研究機構における研究活動上の不正行為の防止等に関する規程

 

 

.研究活動における不正行為への対応

 

機構内外からの研究活動上の不正に関する告発及び相談を受け付ける窓口を設置するとともに、不正に係る調査・手続き等について以下のとおり定めています。 

大学共同利用機関法人人間文化研究機構における研究活動上の不正行為の防止等に関する規程

研究活動における不正行為への対応に関するフロー図

⇒告発窓口の手続きについては、こちらのページをご覧ください。

なお、不正を行った者又は悪意に基づく告発を行った者は、機構の懲戒規程による処分を受けるほか、悪意に基づく告発を行った者には、刑事告発等の手続きを行うことがあります。 

人間文化研究機構職員懲戒規程

人間文化研究機構研究教育職員等の懲戒手続に関する細則