公的研究費の不正使用防止に関する取り組み

人間文化研究機構では、公的研究費の不正使用防止対策の基本方針として、「大学共同利用機関法人人間文化研究機構における公的研究費の不正使用防止に関する規程」を制定しています。これに基づき、職員等の公的研究費の取扱いに関し必要な事項を定め、不正使用を防止し、その適切な管理を実施しています。 

大学共同利用機関法人人間文化研究機構における公的研究費の不正使用防止に関する規程

 

 

.機構内の責任体制の明確化

人間文化研究機構における公的研究費の不正使用防止に係る体制図

最高管理責任者(機構長)、統括管理責任者(財務担当理事)、コンプライアンス推進責任者(各機関の長、本部においては事務局長)の権限と責任範囲と相互関係 
公的研究費の不正使用防止に関する責任範囲と権限及び相互関係

 

 

Ⅱ.適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

 

本機構構成員が遵守すべき公的研究費の適正な運営・管理に関する行動規範を策定しています。
また、機構内外からの公的研究費の不正使用に関する告発を受け付ける窓口を設置するとともに、不正に係る調査・手続き等について以下のとおり定めています。 
大学共同利用機関法人人間文化研究機構における公的研究費の運営・管理に関する行動規範

大学共同利用機関法人人間文化研究機構における公的研究費の不正使用に係る調査等に関する取扱規則

公的研究費の不正使用への対応に関するフロー図

 

 ⇒通報窓口の手続きについては、こちらのページをご覧ください。  

 

また、競争的資金等の運営・管理に関わる全ての構成員を対象とした、コンプライアンス研修会を開催するとともに、受講内容の理解度チェックも合わせて実施しています。 
コンプライアンス研修会の資料については、サイボウズ「ファイル管理」(機構内限定)に掲載しています。 
なお、不正を行った者又はその管理監督に適正を欠いた者には、機構の懲戒規程による処分を受けるほか、私的流用など悪質性が高い場合には、刑事告発等の手続きを行うことがあります。 

人間文化研究機構職員懲戒規程

人間文化研究機構研究教育職員等の懲戒手続に関する細則

 

 

Ⅲ.不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

 

最高管理責任者の下に、本機構における不正発生要因の調査・分析、不正使用防止計画の策定・実施等を担当する部署として、「公的研究費不正使用防止計画推進室」を設置しています。 

人間文化研究機構公的研究費不正使用防止計画推進室設置要項

不正発生要因に対応するため具体的な不正防止計画を策定し、最高管理責任者が計画の進捗管理に努めます。 

人間文化研究機構公的研究費不正使用防止計画

 

 

 

Ⅳ.研究費の適正な運営・管理活動

 

不正な取り引きに関与した業者への取引停止等の処分方針を定めています。 

人間文化研究機構における物品購入等契約に係る取引停止等の取扱要項

人間文化研究機構との取引について 

 

Ⅴ.情報発信・共有化の推進

 

競争的資金等の使用に関するルール等について、機構内外から受け付ける相談窓口を機構本部及び各機関に設置しています。 
また、今後も公的研究費の不正使用防止に係る取り組み状況を、ウェブサイト等で公表していきます。 

人間文化研究機構における相談窓口について

⇒相談窓口の手続きについては、こちらのページをご覧ください。