展示

【歴博】企画展示「学びの歴史像―わたりあう近代―」

  • -

「人々は何を学んできたのか、なぜ学ぶのか」について、19世紀後半以降、日本列島に近代国民国家が成立していく様相とともに、「学び」という視点から紐解きます。狭義の「教育史」ではなく、幕末維新期の世界認識と自国認識、明治社会における旧幕臣の役割、富国をめざした博覧会、衛生観念の導入と相克、アイヌにとっての近代、国民をつくるための学校教育のしくみなど、さまざまな切り口から展示を構成し、近代における「学び」の意義を考えます。とりわけ、伝統と近代、欧米とアジア、中央と周縁、強者と弱者など、それぞれに緊張感をはらんだわたりあいを伴いつつ、教育や学知を通じて「国民」が生み出されていく過程を多面的に明らかにする企画です。

続きを読む

【国文研】特別展示「復興を支える地域の文化―3.11から10年」

  • -

広領域連携型基幹研究プロジェクト「日本列島における地域社会変貌・災害からの地域文化の再構築」の研究成果として、国立民族学博物館で令和3年3月4日から開催した特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」の巡回展として本展示を開催します。 震災・原子力災害から地域がどのように復興を目指しているか、地域文化がどのような役割を果たしているか、国立民族学博物館での展示のエッセンスを、モバイルミュージアム(移動型展示)を中心に展示します。

続きを読む

【歴博】くらしの植物苑特別企画「伝統の朝顔」

  • -

今回は、「外国人がみた変化朝顔」をテーマとし、明治期に外国で紹介された変化朝顔についてと2000年に当館が協力して開催されたオランダでの変化朝顔の展示について、パネルで紹介いたしま す。

続きを読む

【歴博】第4展示室特集展示「エビスのせかい」

  • -

いつも笑顔で福々しいエビスは、私たちにとって最も身近で親しみ深い神のひとつです。本展示で は、にぎやかで楽しいエビスの姿をとおして、エビス信仰の諸相を紹介します。

続きを読む

【歴博】企画展示室特集展示「黄雀文庫所蔵 鯰絵のイマジネーション」

  • -

本展は、初公開の黄雀文庫所蔵の鯰絵コレクション約200点を通して、未曽有の災害に遭いながらも、諧謔の精神でたくましく乗り越えようとした江戸の民衆の豊かな想像力の一端に触れようとする企画です。

続きを読む

【歴博】第 3 展示室特集展示「もの」からみる近世「紀州徳川家伝来の楽器-こと-」

  • -

今回の特集展示では、当館が所蔵する紀州藩の第十代藩主徳川治宝によって収集された紀州徳川家伝来楽器コレクションの絃楽器の中から、「こと」、すなわち琴や箏の仲間の楽器をとりあげ、附属品などとともに展示します。

続きを読む

【歴博】第3展示室特集展示「もの」からみる近世「桜の意匠」

  • -

花見の風習が庶民にまで広まったのは、江戸時代になってからといわれています。現代と同じように、江戸の人々も花見を楽しんでいましたが、現代とは違った点も色々とありました。本展を通して、現代とはまた異なる江戸の人々が実際に見ていた桜の品種や、楽しみ方、抱いていたイメージについて知ることができます。

続きを読む

【歴博】企画展示室特集展示「海の帝国琉球―八重山・宮古・奄美からみた中世―」

  • -

八重山・宮古や奄美といった周辺地域から琉球を捉え直す展示です。たくさんの青磁や白磁、国宝の文書や重要文化財の梵鐘、屏風や絵図など400点を超える資料から、新たな歴史像を示します。

続きを読む

【民博】特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」

  • -

2011年の東日本大震災では、復興の原動力としての「地域文化」に大きな注目がよせられました。本展示では災害からの復興を支える地域文化をめぐる活動について、東日本大震災から10年が経つ今、あらためて振り返ります。また、豊かな社会の礎となる地域文化の大切さとその継承について考えていきます。

続きを読む

【歴博】企画展示室特集展示(国際展示)「東アジアを駆け抜けた身体(からだ)―スポーツの近代―」

  • -

この特集展示(国際展示)は、1964年の東京オリンピック関係資料をはじめ、近代の学校運動会に関連する錦絵、写真、肉筆漫画など約120点の資料を通し、身体の改変や近代オリンピックへの参加という歴史的経験を共有してきた日本と台湾における「近代化」への過程を見つめ直し、台湾や東アジアとの歴史的関係を意識しながら、スポーツの近代史を紐解くものです。

続きを読む