展示

【民博】企画展「順益台湾原住民博物館所蔵・学生創作ポスター展 台湾原住民族をめぐるイメージ」

  • 2016年8月4日 - 2016年10月4日

 この展示会では、本館と学術交流協定を締結している台湾の順益台湾原住民博物館が2006年より隔年で主催、実施している学生ポスターコンテストに出品され入選を果たした作品を中心に紹介します。コンテストの主題となってきたのは、台湾の先住民族である台湾原住民族の文化や歴史です。
 情報産業がめざましい発展を遂げた台湾では、若い世代がデジタルコンテンツの制作に取り組み、豊かな構想力や創造力を発揮しています。今回の展示会では、学生たちがとらえた原住民族のイメージが表現されたポスターをご覧いただくとともに、イメージとむすびつく原住民族の物質文化を紹介します。

続きを読む

【歴博】企画展示「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」

  • 2016年7月12日 - 2016年9月4日

・シーボルトが企画したヨーロッパ初の日本展示のイラストが新発見!!
・描かれた作品たちも同時展示し、シーボルトが企画した展覧会を歴博にて再現!!

続きを読む

【民博】企画展「ワンロード: 現代アボリジニ・アートの世界」

  • 2016年6月9日 - 2016年7月19日

 オーストラリア西部の砂漠を縦断する1850 キロの一本道があります。
世界最長の牧畜移動路とされるこの道は、先住民と西洋社会が交叉する場所でもありました。その場所で、オーストラリア国立博物館が現代のアボリジニ・アーティストと行ったプロジェクトから生まれた作品をご紹介いたします。

続きを読む

【歴博】「『もの』からみる近世「杜若と菖蒲・花菖蒲‐意匠と文化‐」

  • 2016年5月17日 - 2016年6月19日

 佐倉市主催の平成28年度あやめサミット連絡協議会関係首長会議の開催にあわせて、当館においても関連展示を開催することとなりました。
杜若は美術工芸品のデザインとして多彩に用いられ、端午の節句のように菖蒲と関わる年中行事もよく知られています。鑑賞用としても愛されており、とくに花菖蒲は江戸から明治にかけて数多くの品種がつくり出されて花菖蒲園も誕生しています。本展では館蔵品を中心とする杜若・菖蒲・花菖蒲関係の資料を、意匠・園芸・名所といった視点のテーマに分けて展示します。日本人がつくりあげてきた植物を愛する文化の一端を、感じていただければ幸いです。

続きを読む

【歴博】「柳田國男と考古学-柳田考古遺物コレクションからわかること-」

  • 2016年4月12日 - 2016年10月10日
続きを読む

【歴博】「伝統の桜草」

  • 2016年4月12日 - 2016年5月8日
続きを読む

【歴博】「万年筆の生活誌―筆記の近代―」

  • 2016年3月8日 - 2016年5月8日
続きを読む

夷酋列像-蝦夷地イメージをめぐる 人・物・世界-

  • 2015年9月5日 - 2015年11月8日
  • 2015年12月15日 - 2016年2月7日
  • 2016年2月25日 - 2016年5月10日

【特集展示】第3・第4展示室特集展示 「夷酋列像―蝦夷地イメージをめぐる人・物・世界―」

2015年12月15日 - 2016年2月7日

【くらしの植物苑 特別企画】 伝統の古典菊

2015年11月3日 - 2015年11月29日