書籍紹介

人間文化研究機構に所属している研究者の書籍を紹介します。

  • 【国際日本文化研究センター】

    03月16日

    環太平洋から「日本研究」を考える

    著者:「国際日本研究」コンソーシアム編

    出版社:国際日本文化研究センター(2021年3月)

    「国際日本研究」コンソーシアム記録集の第4弾。コロナ禍直前の2019年12月、台湾、韓国、インドネシア、ニュージーランド、オーストラリア、ハワイ、そして日本の研究者が一堂に集い交わした議論を収録。「日本研究」をめぐる環太平洋学術交流の可能性を展望する。

  • 【国際日本文化研究センター】

    03月16日

    ハンス・キュングと宗教間対話 人間性をめぐるその神学的軌跡

    著者:藤本憲正

    出版社:三恵社(2021年3月)

    20世紀のキリスト教神学は、どのような方向に進んできたのだろうか。本書は、スイス出身のカトリック神学者ハンス・キュング(Hans Küng 1928-)が、宗教間対話に取り組む中で探求してきた「人間性」(Menschlichkeit)の意味を、神学や政治学の側面から明らかにしようと試みている。

    関連リンク

  • 【国立国語研究所】

    03月16日

    日本語研究と言語理論から見た言語類型論

    著者:窪薗晴夫 野田尚史 プラシャント・パルデシ 松本曜(いずれも編者)

    出版社:株式会社開拓社(2021年2月)

    本書は、個別言語としての日本語の研究と一般言語学・言語類型論との架け橋を目指して、言語の類型を日本語と言語理論の視点から考察したものである。

  • 【国立国語研究所】

    01月12日

    顕在化する多言語社会日本 多言語状況の的確な把握と理解のために

    著者:福永由佳

    出版社:株式会社三元社(2020年12月)

    多言語状況はたんに記述されるためにあるわけではない。本書では、日本社会の過去・現在の現象や制度に埋め込まれている意識やイデオロギーの内実を注視し、いかなる多言語社会を目指すのかを考察する。

    関連リンク

  • 【国立国語研究所】

    12月18日

    成人教育(adult education)としての日本語教育:在日パキスタン人コミュニティの言語使用・言語学習のリアリティから考える

    著者:福永由佳

    出版社:株式会社ココ出版(2020年10月)

    在日外国人コミュニティにおいては、どのようにことばが使用され、学習されているのか。本書では、日本人家族を含む在日パキスタン人コミュニティに焦点を当て、その問いに量的・質的の両面からアプローチする。

    関連リンク