書籍紹介

人間文化研究機構に所属している研究者の書籍を紹介します。

  • 【国際日本文化研究センター】

    10月11日

    「暮し」のファシズム 戦争は「新しい生活様式」の顔をしてやってきた

    著者:大塚 英志

    出版社:筑摩書房(2021 年 3 月)

    コロナ下の「自粛」を隠喩として、近衛新体制下における「新体制生活」における「日常」や「生活」をめぐる、一見政治的に見えない花森安治の戦時下編集の婦人雑誌や「女生徒」など の言説の中にファシズムへの「協働」の仕掛けを見出す。

  • 【国際日本文化研究センター】

    10月11日

    恋する民俗学者1 柳田國男編

    著者:大塚 英志(原作)、中島 千晴(漫画)

    出版社:KADOKAWA(2021 年 3 月)

    民俗学者柳田國男の新体詩人としての時代を田山花袋との友情を軸に少女マンガ形式の特徴であるモノローグ部分に柳田や花袋の短歌・詩・書簡などを引用しつつ描く。いわゆる学習漫画でなく、少女マンガ上の技法上の実験でもある。

  • 【国際日本文化研究センター】

    10月11日

    恋する民俗学者2 田山花袋編

    著者:大塚 英志(原作)、中島 千晴(漫画)

    出版社:KADOKAWA(2021 年 3 月)

    柳田國男の「歌の別れ」から日露戦争従軍まで「蒲団」誕生前夜の時代と、藤村、独歩ら柳田周辺の文学者たちの青春の終焉を花袋の視線から描く群像劇であり、少女マンガ形式による明治文学論。

  • 【国際日本文化研究センター】

    10月11日

    まんが訳 稲生物怪録

    著者:大塚 英志(監修)、山本 忠宏(編)

    出版社:筑摩書房(2021 年 10 月)

    日文研所蔵絵巻を「コマ」によるまんが形式に翻訳し、全く新しい「絵巻」の鑑賞形式を提案するプロジェクトの第2弾。絵巻の中の一つ一つの表情、仕草、アイテムの意味も鮮明になり、同時に絵巻の物語性も浮かび上がる。

  • 【国際日本文化研究センター】

    10月11日

    運動としての大衆文化-協働・ファン・文化工作

    著者:大塚 英志 編

    出版社:水声社(2021 年 9 月)

    大衆文化を作者論・作品論・ジャンル論から解放し歴史や社会を通底する「運動」として捉えることで、SNS の民意形成、戦時下の参加型ファシズムなどの文化工作、社会運動としての民俗学、オタク文化の2次創作といった各論を包括する視座を提示。