最新情報

定期的に講演会やシンポジウムを行っています。

【日文研】第19回 日文研・アイハウス連携フォーラム「安全保障論議の30年-「平成」と 「冷戦後」を考える」

  • 2020年02月26日- 2020年02月26日

平成の30年は冷戦終結後の30年とほぼ重なっている。ちょうど一世代に相当するこの30年の国際情勢の変化はすさまじく、中国の台頭と超大国アメリカの変容、あるいはグローバリ ゼーションの急速な進展が国際政治の構図を変えつつある。日本の外交・安全保障政策も少しずつ変化していった。しかし、平和安全法制をめぐる議論に典型的に現れたように、安全保障に関する日本国内の議論は冷戦終結直後と今日でそれほど変わっていないようにみえる。30年間の安全保障論議の検討を通して冷戦後の日本の安全保障政策の展開をみていきたい。

続きを読む

【日文研】第334回 日文研フォーラム「思想の越境と連鎖―尾崎秀実の中国論と「中国農村派」」

  • 2020年02月14日- 2020年02月14日

 ゾルゲ事件で知られている共産主義者の尾崎秀実は、戦前に中国問題の評論家として数多くのユニークな論著を残しました。
 本発表はまず尾崎秀実の中国論の中に引用された、マルクス主義「中国農村派」の論点を手掛かりにして、両者の相互関連性を指摘します。さらに、「中国農村派」の指導者と見なされる陳翰笙と尾崎秀実との交友関係及び思想論争を考察し、同時代の国際的な知識人の「思想連鎖」の視点からそれを分析してみます。

続きを読む

大手町アカデミア × 人間文化研究機構 無料特別講座「食べるフィールド言語学――「Food×風土」の視点から」

  • 2020年02月13日- 2020年02月13日

人間文化研究機構(以下「人文機構」)は、「大手町アカデミア」(主催:読売新聞東京本社 運営協力:中央公論新社)と連携・協力の下、人文機構が平成28年度から推進している基幹研究プロジェクトの成果発表の一環として、広く一般を対象に、無料特別講座を実施します。 講座の概要・申込方法等は以下をご参照の上、ぜひお申し込みください。

講 師:吉岡 乾(国立民族学博物館 人類基礎理論研究部・准教授)
ナビゲーター:野林 厚志(国立民族学博物館 学術資源研究開発センター・センター長・教 授)

日 時:2020年 2月 13日(木)18時30分~20時15分(18時00分開場)
会 場:読売新聞ビル 3階「新聞教室」(東京都千代田区大手町 1-7-1)
受講料:無料
定 員:100名(定員に達し次第締め切ります)

続きを読む

【国語研】方言版異言語脱出ゲーム 「紡がれるもの~おじぃとおばぁと僕の物語~」

  • 2020年02月09日- 2020年02月09日

日時:2020年2月9日(日) 14:00~15:30(受付13:40~)
会場 : 成城大学 3号館 1階 学生ホール
参加費 : 無料
「脱出ゲーム」×「方言」という歴史上初の組み合わせによる参加体験型のゲームです。参加者の方は,とある方言学者の孫として,タイムスリップによって歪んでしまった過去を元に戻すべく,さまざまな謎に挑戦しつつゴールを目指します。

続きを読む

【地球研】第32回地球研地域連携セミナー(滋賀)びわ湖の水草 市民がはじめる環境自治

  • 2020年02月08日- 2020年02月08日

日 時:2020年2月8日(土)13:30-16:30(開場 12:30)
会 場:コラボしが21 中会議室2(3F)
申 込:入場無料・要事前申込(定員40名※先着)

 

概 要:
びわ湖は長い時間をかけて独自の生態系と文化をはぐくんできました。その豊かな自然は、私たちの生活にたくさんの恵みをもたらしています。一方で、経済発展に伴う人間活動の影響もあり、水質をはじめ湖の環境は大きく変わりました。
近年では、南湖における水草の大量繁茂により、湖岸の景観の悪化や悪臭の発生などの問題が起こっています。自治体が水草の除去を行う一方で、急激な水草の大量繁茂の原因は完全には解明されていません。
しかしながら、このような状況の中で、市民が主体となり漂着した水草の清掃活動や堆肥化(循環利用)を進めるための仕組みづくりが始まっています。

本セミナーでは、このような地域ではじまった「小さな循環」を地域全体の「大きな循環」に広げていくことを目指して、市民・企業・行政の活動事例を報告していただくとともに、ワークショップを行います。一人ひとりが主体的かつ持続的に取り組めるような、望ましい環境自治のあり方を共に考えましょう。

続きを読む

展示

【歴博】第3 展示室特集展示 『もの』からみる近世「描かれた寺社境内」

  • -

本展では、主として江戸時代後期に制作・出版された寺社の俯瞰図を約15点紹介します。 当時の境内の様子を、屏風などの絵画作品、あるいは名所図会などの版本や錦絵、一枚刷境内図などをとおして概観して頂けます。令和最初の年始に、江戸時代の寺社の境内図を初詣してみませんか。

続きを読む

【歴博】第4展示室特集展示「石鹸・化粧品の近現代史」

  • -

本展示では日本の美容観や衛生観に影響を与えてきた石鹸と化粧品の歴史を商品と広告類を 使って紹介します。2016 年秋の企画展示「身体をめぐる商品史」では、明治時代~平成時代初 めの化粧品類を紹介しましたが、今回はより古い時代に重点をおき、さらに、幅広い企業の資 料を展示します。

続きを読む

【歴博】くらしの植物苑特別企画「冬の華・サザンカ」

  • -

サザンカは日本を原産地とし、ツバキとともに冬枯れの季節に庭を彩る数少ない植物です。くらしの植物苑では、特別企画「季節の伝統植物」の一環として、2001 年より冬を代表する園芸植物であるサザンカを収集し、展示してきました。これらには、「江戸サザンカ」、「肥後サザンカ」と呼ばれる独自の品種群も含まれています。

サザンカは、自生種に近い「サザンカ群」、獅子頭の実生またはその後代と考えられている「カンツバキ群」、サザンカとツバキの間で自然にできた雑種またはその後代と考えられている「ハルサザンカ群」の3 グループに大別され、花はグループごとに10 月中頃から翌年2 月にかけて上記の順に咲いていきます。これらの品種は、いずれも実生の変種から選抜されたもので、こうした品種を維持・普及する方法は、日本の園芸文化の大きな特徴といえます。くらしの植物苑では、人とサザンカの関わりを遺伝資源と文化的な資産の両面から着目し、生きた植物と歴史資料を併せて考察した成果を展示してきました。

本展では、約140 品種のサザンカを鉢植えで展示いたします。今年度は「昭和と平成のサザンカ」をテーマに、1932(昭和7)年に刊行された石井勇義(いしいゆうぎ)『園芸植物図譜 第4巻』におけるサザンカの図と解説、さらに、1960 年代に販売され始めた八重咲(やえざき)や獅子咲(ししざき)で遅咲きのサザンカや、1980 年代以降サザンカの栽培熱が冷めゆく中に新たに発表された肥後サザンカの新花について、それぞれパネルで紹介します。

続きを読む

【歴博】くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」

  • -

菊は、日本を代表する園芸植物のひとつです。菊は日本在来の植物ではありませんが、平安時代の宮廷ですでに菊花の宴が流行していたことから、遅くとも律令期には、他の文物とともに中国からもたらされていたと考えられています。 平安・鎌倉時代からは日本独自の美意識により、支配者層の間で独特の花が作り出されました。筆先のような花弁をもつ「嵯峨菊(さがぎく)」は京都の大覚寺で門外不出とされ、花弁の垂れ下がった「伊勢菊(いせぎく)」は伊勢の国司や伊勢神宮との関わりで栽培されました。そして、菊は支配者層の中で宴に、美術工芸品に、不老不死のシンボルとして特権的な地位を築いていったのです。

それが、近世中頃以降になると大衆化し、変化に富む園芸種の菊花壇や、菊細工の見世物が流行したと言われています。それらの流行を支えたのが、花弁のまばらな「肥後菊(ひごぎく)」と、咲き始めてから花弁が変化していく「江戸菊(えどぎく)」です。これらに花の中心が盛り上がって咲く「丁子菊(ちょうじぎく)」を加えた伝統的な中輪種は「古典菊」と呼ばれています。

くらしの植物苑では、このような「古典菊」を2000年から収集・展示してきました。今回は、各地方で独特な特徴を持った古典菊を約120品種と歴博で実生栽培したオリジナルの嵯峨菊、肥後菊など約50品種を展示いたします。今年度は「江戸の和本にみる菊」をテーマとして、重陽の節句と菊花、菊酒における不老長寿のイメージ、『雨月物語』における菊花の契りについてパネルで紹介します。

続きを読む

NIHU ON AIR