ハーグ国立文書館所蔵平戸オランダ商館文書調査研究・活用

江戸初期の対外関係史研究にとって情報の宝庫である平戸オランダ商館文書の翻刻および和訳を基礎的研究資料として刊行し、国際共同研究により、当時の西洋人による日本文化の捉え方についての包括的な見解を提示するとともに、研究成果をウェブサイト、展示会、教育プログラム等を通じて広く可視化します。

「ハーグ国立文書館所蔵平戸オランダ商館文書調査研究・活用」基本計画.pdf 

本プロジェクトの調査に関するプレスリリース