北東アジア

【中心研究テーマ】

 「北東アジアにおける地域構造の変容:越境から考察する共生への道

日本と中国・ロシア・モンゴル・韓国・北朝鮮を一体的に捉える「北東アジア」は、当該国間で生起する諸課題の解決にとって重要な地域概念です。

北東アジアにおける「越境」をめぐる諸現象を解明し、政治的・経済的な対立面と同時に、そこに生成する新たな「共生」の地域像を導き出します。

*詳細は各拠点のホームページをご覧ください。

【研究拠点】

国立民族学博物館 北東アジア地域研究拠点

  担当分野 「自然環境と文化・文明の構造」

北海道大学 スラブ・ユーラシア研究センター

  担当分野 「域内連携体制の構築をめざす国際関係論」

東北大学  東北アジア研究センター

  担当分野 「環境問題および地域資源に関する文化と政策」

富山大学 極東地域研究センター

  担当分野 「持続的な経済開発」

島根県立大学 北東アジア地域研究センター

  担当分野 「思想・歴史的アイデンティティ」

早稲田大学 総合研究機構現代中国研究所 

  担当分野 「中国と周辺地域―歴史的関係、華人マイグレーション、対中意識の変遷」

「北東アジア地域研究」基本計画.pdf