第5回人文機構シンポジウム 人はどんな手紙を書いたか―近代日本とコミュニケーション

基調講演

十川 信介 (学習院大学・教授/日本近代文学館専務理事)

「候文の優勢と言文一致体の台頭」

谷川 惠一 (国文学研究資料館・教授)

「手紙の時代」

ロバート・キャンベル (東京大学大学院・助教授)

「漢文で綴られた日本の“手紙”」

宮地 正人 (国立歴史民俗博物館・名誉教授/東京大学大学院・名誉教授)

「政治家の手紙―平田国学を糸口として」

安田 常雄(国立歴史民俗博物館・教授)

「マッカーサーへの手紙」

 

パネル・ディスカッション

十川 信介

ロバート・キャンベル

宮地 正人

安田 常雄

司 会

谷川 惠一

※講演者等の肩書きは開催当時のものです