展示

【歴博】『もの』からみる近世「百貨店と近世の染織」(第3展示室)

  • 2016年10月18日 - 2016年12月18日

 展覧会が開催されるのは、博物館や美術館などの専門施設だけではありません。百貨店も主要な場の一つです。近代において、百貨店では、新製品を売り出すにあたり、参考品として歴史的な資料を陳列することが行われました。それは、歴史的な裏付けがあるという価値を新製品に与え、所持することの趣味の良さを訴えかける効果がありました。

 本展では、「慶長風俗展覧会」(銀座・松屋呉服店、大正15年)、「近松時代風俗展覧会」(長堀橋・高島屋呉服店、大正11年)、「友禅遺品展覧会」(高麗橋および日本橋・三越呉服店、大正9年)と「友禅斎謝恩碑落成法要」(大正10年)をとりあげ、そこで実際に陳列された近世の染織品を展示します。そして、これらの染織品を百貨店がいかに利用したかを見ていくことにより、文化が発見され消費されるさまを示します。

 なお、本展は同時期に開催の企画展示「身体をめぐる商品史」の第Ⅱ章「流行の創出と「伝統」の発見」と連動するものです。

続きを読む

【歴博】企画展示「身体をめぐる商品史」

  • 2016年10月18日 - 2016年12月18日

 明治末期から工業化が進展し、流通網が発達してから、新商品が開発されるたびに,人々の身体観や商品のデザインは少しずつ変わってきました。その一方で、新たな変化に対する抵抗感や過去の見直しがあって、身体観やデザインは伝統回帰を繰り返してきました。その意味で、身体に関連する商品の開発は、きわめて歴史的、文化的な営みであり、流行の発信源であったといえるでしょう。

 そこで、本企画展示では、おもに大正時代から1980年代頃までの身体観やデザインの変化を商品や雑誌、カタログ、広告などで表現していくことで、日本における身体観が変化してきた様子を服飾、レジャー、スポーツ、衛生、美容を中心として描写していくことを目的とします。

続きを読む

【民博】特別展「見世物大博覧会」

  • 2016年9月8日 - 2016年11月29日

 日本では、細工物・軽業(かるわざ)・曲芸・動物見世物といったさまざまなジャンルの見世物の興行が都市の盛り場や社寺の祭を中心に盛行し、人びとを魅了しました。
 本展では、こうした江戸から明治・大正・昭和を経て現代に至る多種多様な見世物の歴史と実態を、絵看板、錦絵、一式飾りや生人形などの資料をとおして紹介します。

続きを読む

【歴博】「『延喜式』ってなに!?」(第2展示室)

  • 2016年8月23日 - 2016年9月19日

 『延喜式』をご存知ですか?10世紀に作られた法制書、古代官人の業務マニュアルです。 
そこにはお祭りや宮中で使う物品の原材料、地方から納入される貢納品など、様々な内容が含まれており、さながら「古代の百科全書」ともいえます。

 『延喜式』は、全部で50巻からなる大部な内容でもあったため、難しいもの、かたくるしいものの代名詞のように用いられたこともありましたが、一方で、江戸時代以来、古代のことを調べるときには常に参照されてきた資料でもあります。

 本展では、人間文化研究機構基幹研究プロジェクト「古代の百科全書『延喜式』の多分野協働研究」「総合資料学の創成」が今年度より開始されたことをうけ、その研究成果の一端を速報的にご紹介します。

続きを読む

【歴博】『もの』からみる近世「戦国の兜と旗」(第3展示室)

  • 2016年8月9日 - 2016年9月19日

 戦国時代末期、日本における戦いの装いは大きく変化しました。兜は、奇抜な形に仕立て、個性的な飾り付けた「変わり兜」が発達しました。また、鎧の背中には、「指物」と言われる旗や飾りを付けるようになりました。おそらく、大規模な集団戦が行われるようになり、活躍を認められるためには戦場で個人の存在を際立たせることが必要になったこと、そして、「カブキ」と呼ばれるような、常識破りの派手な行動や装いをすることが流行した世相が反映していると思われます。

 このほど、戦国時代の旗指物として著名な「落合左平次道次背旗(おちあいさへいじみちつぐせばた)」が修理を終えたのを機会に、この旗と当館所蔵の変わり兜類を併せて展示します。

 東京大学史料編纂所の所蔵する「落合左平次道次背旗」は、掛軸の形にされていましたが、このほど修理されて裏面も見られるようになり、合わせて科学的な調査も行われました。修理後の旗のお披露目と、調査成果の公開を兼ねて、当館での展示のはこびとなりました。

 変わり兜については、当館にはその例として知られるものが十点ほどあります。兎の耳の形をしたもの、大きなムカデの飾りが付いたもの、植物や抽象的な形の物など、斬新なデザインに驚かされます。

 そんな兜と旗から、戦国の世相に思いを馳せていただければ幸いです。

続きを読む

【民博】企画展「順益台湾原住民博物館所蔵・学生創作ポスター展 台湾原住民族をめぐるイメージ」

  • 2016年8月4日 - 2016年10月4日

 この展示会では、本館と学術交流協定を締結している台湾の順益台湾原住民博物館が2006年より隔年で主催、実施している学生ポスターコンテストに出品され入選を果たした作品を中心に紹介します。コンテストの主題となってきたのは、台湾の先住民族である台湾原住民族の文化や歴史です。
 情報産業がめざましい発展を遂げた台湾では、若い世代がデジタルコンテンツの制作に取り組み、豊かな構想力や創造力を発揮しています。今回の展示会では、学生たちがとらえた原住民族のイメージが表現されたポスターをご覧いただくとともに、イメージとむすびつく原住民族の物質文化を紹介します。

続きを読む

【歴博】企画展示「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」

  • 2016年7月12日 - 2016年9月4日

・シーボルトが企画したヨーロッパ初の日本展示のイラストが新発見!!
・描かれた作品たちも同時展示し、シーボルトが企画した展覧会を歴博にて再現!!

続きを読む

【民博】企画展「ワンロード: 現代アボリジニ・アートの世界」

  • 2016年6月9日 - 2016年7月19日

 オーストラリア西部の砂漠を縦断する1850 キロの一本道があります。
世界最長の牧畜移動路とされるこの道は、先住民と西洋社会が交叉する場所でもありました。その場所で、オーストラリア国立博物館が現代のアボリジニ・アーティストと行ったプロジェクトから生まれた作品をご紹介いたします。

続きを読む

【歴博】「『もの』からみる近世「杜若と菖蒲・花菖蒲‐意匠と文化‐」

  • 2016年5月17日 - 2016年6月19日

 佐倉市主催の平成28年度あやめサミット連絡協議会関係首長会議の開催にあわせて、当館においても関連展示を開催することとなりました。
杜若は美術工芸品のデザインとして多彩に用いられ、端午の節句のように菖蒲と関わる年中行事もよく知られています。鑑賞用としても愛されており、とくに花菖蒲は江戸から明治にかけて数多くの品種がつくり出されて花菖蒲園も誕生しています。本展では館蔵品を中心とする杜若・菖蒲・花菖蒲関係の資料を、意匠・園芸・名所といった視点のテーマに分けて展示します。日本人がつくりあげてきた植物を愛する文化の一端を、感じていただければ幸いです。

続きを読む

【歴博】「柳田國男と考古学-柳田考古遺物コレクションからわかること-」

  • 2016年4月12日 - 2016年10月10日
続きを読む